北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

スマホの電池消耗が早い原因

ちょうど1年くらい前から、使用しているスマホやたらと電池が消耗するようになりました。

f:id:Takazin:20180123225852j:plain


ある期間を境に急に消耗が激しくなった

 

毎晩充電し、翌朝には電池残量が100%の状態になっているのに関わらず、充電器から外して10分くらいすると、残量が90%くらいに低下していることが多く、勤務先の会社に到着する頃には、75%くらいまで落ち込むことがありました。

 

基本、勤務中は電話を使用しないので、電源OFFににていますが、夕方帰宅する際に電源を入れると、見る見る電池が消耗して、30分くらいの間で、残量が30%近くまで低下することもあり、自宅に着く頃には、一桁になっていることもありました。

帰宅中に、どこかに寄り道をすると、電池が完全になくなってしまうこともありました。

 

特に、朝9~10時の間と、夕方17~18時の間が消耗が激しく、しかも、スマホ自体もかなりの熱を持って、高温になっていました。

 

素人の誤った思い込み

 

このスマホを購入したのは、2014年7月でガラケーからの機種変更でした。

機種はXPERIAのSO-02Fです。

この症状がではじめたとき、「まぁ2年経っているからこんなものなのかなぁ~」などと思いました。会社の同僚の何人かが、昼休にモバイルバッテリーを使って、一生懸命充電しているのを見ていたので、きっと、2年くらい経つと急速に消耗が激しくなるものなんだなと考えていました。

友人に相談したら、買い換えたほうがいいとアドバイスされましたが、せっかく操作にも慣れてきたし、愛着湧いてきたので、もう少し使いたい気持ちでした。

そして、私もモバイルバッテリーを購入することにしました。

購入後は、①勤務後にスマホをモバイルバッテリーにつなぐ→②帰宅後、スマホをすぐに充電(バッテリーも残量が減っているときは充電)→③翌朝スマホ(とバッテリー)をカバンに入れるの繰り返しになりました。勤務後から帰宅までの間でスマホをを使うためには、モバイルバッテリーは必須アイテムとなっていました。

しかし、ひょんなことから電池消耗の原因がわかって、1ヶ月くらい前に解決することができました。

 

原因と解決策

 

ちょうど電池消耗が激しくなった頃に、スマホでネットにつないで色々と検索している(べ、別にやましいサイトじゃないぞ!)ときに、ウイルスに感染したという警告が出て、ウイルス対策アプリをダウンロードするように促されました。

いろいろとキャンセルなどを試みるも、事あるごとにダウンロード画面が出てきました。鬱陶しくなったのでダウンロードすることにしました。これ以降、電源を入れたりすると、このアプリがうごいて何かの操作を要求されることが多くなりました。

いちいちメンドウと思いつつも、変な警告画面がでなくなったので、しばらく快適にスマホを使うことができました。

 

しかし、数ヶ月後、あるサイト(至って真面目なサイトだよ!)を見ていたら、またもやウイルスの警告画面、これも事あるごとに表示されるので、促されるままダウンロード、前回とは違うウイルス対策アプリがダウンロードされました。ちょうどこの頃から、電池消耗が激しくなって、熱を持つようになりました。

 

そして、約1ヶ月前、またもサイトを見ている途中にウイルスの警告画面、そしてアプリをダウンロード、その数日後、またもやウイルスの警告画面・・・

ここでブチ切れた!「いい加減にせいや~!!」「何回ダウンロードさせれば気が済むんじゃ~、このボケェ~!!!」

強制的に電源を切って再起動しウイルスの警告画面を出なくした後、頭にきて、前回ダウンロードしたアプリだけをアンインストール。すると、熱かったスマホの温度が下がり出した。これはもしかしたら・・・

 

翌日、スマホに詳しい同僚に、今までの経緯を話したところ、「そりゃそうだわ」と思いっきり笑われた!

そして、その人に不必要なアプリをアンインストールしてもらって、今では一日くらいであれば余裕で電池がもつようになりました。

めでたしめでたし!!

 

結びに

 

原因が分かって、解決した時にはホントに嬉しかったです。ただ、最近はモバイルバッテリーが使う機会が極端に減りましたが、このバッテリーは旅行などに行った時にフルに活用させたいと考えています。