北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

立飲み初体験 赤羽の素晴らしい店 立飲みいこい

11月23日夕方、遅めの昼食を食べた後、後輩の待つ地下鉄の赤羽岩淵という駅に向かう。15時に会う予定だったが、かなり遅れてしまう。20年振り位の再開だろうか、お互い老けていて、さらにお腹も出ていて、360°どこから見てもオッサンで笑ってしまう。

そこから、赤羽に向かって歩いていき、道中、学生時代の思い出話に花を咲かせる。

そして、早速飲みに行くことに、その後輩がお気に入りにしている店があるというので、そちらに向かう。

そして、たどり着いた店が立飲みいこいという店、本店と支店があるようで、こちらは支店の方のようだ。

f:id:Takazin:20180125210638j:plain

 

最初本店に行こうとしましたが、あまりに人が多く、外で並んでる人もいたため、少し離れた支店の方に行きました。こちらも、何やらかなりの人だかりで、相当期待が持てます。

 

あまりに素晴らしすぎて感動!

 

支店に着いて、店の外観の撮影などしていると、店員らしきオバチャンに、二人?と聞かれて店内のテーブルに案内される。やはり人でいっぱいだ。

店内の壁にいろんなメニューが貼られている。驚愕したのはあまりの安さで、何と料理はほとんど300円以下でした。

300円以上のフードメニューはなかったような気がします。

札幌の居酒屋で、ここまで安いのは見たことがありません。

そして、全メニューの中で一番高かったのが、瓶ビールの410円だったような気がします。

 

まずは、私は瓶ビール、後輩は日本酒を注文しカンパイ!そして、煮込みとのりマグロを注文しました。

f:id:Takazin:20180125210732j:plain

f:id:Takazin:20180125210812j:plain

 

この煮込みが何と110円でビックリ!単に安いだけでなく、とても美味しい!

煮込みは超オススメです。

そして、のりマグロの方も150円とこれまた破格で、新鮮で美味しかった。普通のスーパーで同じ量のマグロを買うとすると、150円では買えないような気がします。

この後は、ウーロンハイ、日本酒などを3,4杯飲みながら、カシラ焼きやシロにんにく串などを注文しました。

ただ、後半になると、酔いが回ってきたせいで、料理の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。

本当は、まだ、いろいろ食べたいものがありましたが、遅い昼食のため、すぐにお腹がいっぱいになってしまいました。

結局、これだけ飲んで一人1300円程度でした。

 

結びに

 

立飲みの魅力にすっかりとりつかれて、すっかり虜になってしまいました。

同行者の後輩から、上野の立飲みもオススメと教えられたため、25日の夜は上野に行ってみようと思いました。

同時に、一軒の店でずっと飲むのではなく、料理も酒も少量注文して、何件かハシゴするような感じの方がいいと、立飲みの心得?のようなことも教えられました。

私の場合、外で飲む時は何となく一人で店に入りづらいのですが、このような店であれば、一人でも気軽に入りやすいと感じました。

札幌にもこのような店があれば(私が気付いてないだけであるかもしれませんが・・・)、安いし、入りやすいので、頻繁に通っていると思います。

札幌にもこのような立飲みの店ができないかなぁ~!