北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

聖地巡礼 ラーメン二郎 三田本店 まさにジロリアンのメッカ!

11月24日、東京旅行2日目、朝8時に起床して9時にホテル出る。

そして向かった先はラーメン二郎 三田本店、朝食としてはかなりヘヴィである。

 

実は、以前に東京旅行した時に、一度この三田本店に行ったことがある。その時は夜だったため、創業者(山田総帥と呼ばれてる人物)の息子がラーメンを作っていた。

今回は山田総帥を見てみたい(総帥は日中帯、息子は夜間帯に店に出てるらしい)ことと、午後に後輩二人と食事に行く予定があるため、午前中に行こうと思った。

 

やっぱりジロリアンの列が!

 

朝10時位に二郎 三田本店に到着、すでにジロリアンラーメン二郎の熱狂的なファン)と思われる人たちの行列が出来ています。

f:id:Takazin:20180125211055j:plain

木が邪魔でいい写真が撮れなかった

 

f:id:Takazin:20180125211252j:plain

横から見ると細っこい建物である

  

 「やっぱり行列ができてたか、う~ん、かなり待ちそうだなぁ~」と思いつつ、列の最後尾に並びます。少しづつ前進していきますが、その間に店内の様子を見ると、いました!山田総帥!!

なにやら、楽しげに常連と思われる客と談笑していました。

そして、この日は2人のお弟子さん?が実際にラーメンを作っていました。

できれば、伝説の総帥の親指味を味わいたかった!!

並び続けて30分くらいで食券を購入する。 

f:id:Takazin:20180125211400j:plain

 

今回は青い食券のラーメン600円にしました。

私の地元の札幌店では、この青い食券のラーメン(札幌店では小ラーメン)が700円ですから、三田本店はかなりコスパが良いです。(ちなみに、人気のぶたラーメンで比較すると三田本店が700円であるのに対し、札幌店は小豚という名前で850円となっています。)

 

ついに着丼

 

青い食券をカウンターに提出して、待つこと10分位で例の瞬間がやってきました

店員:「ニンニク入れますか?」

これに対して、呪文を唱えます。

オイラ:「全マシで・・・」(オイラの呪文短っ!)

そんでもって、出てきたのがコレです。

f:id:Takazin:20180125211513j:plain

 

前に食べた時もそうでしたが、見た目がかなりクタクタな感じです。

そして、実際食べてみると、麺もヤサイもかなり柔らかいです。

しかし、このクタクタ感によって、かえって個々の素材が全体的にまとまってる感じがします。

スープもしょっぱすぎたりせず、それほど強烈な感じはしません。

  

しばらく食べ進めると、お宝・・・

もとい大きな豚が2つ出てきました。

f:id:Takazin:20180125211551j:plain

 

豚を食べてみるとこれまたよく煮込まれていて、軟らかく超美味しい!!!

ワシワシと食べ進めていきますが、スープに溶けている脂のせいか、後半はきつくなってきました。しかし、今回も何とか完食できました。

 

結びに

 

二郎は、札幌店と三田本店でしか食べたことがありませんが、札幌店は麺にコシがあって、ヤサイはシャキシャキしてる感じです。

三田本店は、ヤサイも麺も柔らかく、まとまりがあって食べやすく感じるため、個人的には三田本店の方が好みです。

 

そして、二郎というと何となく店員やジロリアンが怖そうで、入りづらいと考えてる人が多いようですが、三田本店は店員の愛想もいい感じで、雰囲気がよく、案外と入りやすいと思います。

一度、二郎に行ってみたいけどなかなか・・・という方は、思い切って三田本店に行ってみるといいと思います。

ただし、食べきれないとわかっていて、無謀な増しは御法度ですよ!