北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

札幌の行列ができる超有名店 あらとん本店

先日、久々にウマいつけ麺が食べたくなったので、あらとん本店に行ってきました。

この店は、2006年にオープンして10年くらい続いていますが、今でも人気が高く、土休日は行列が出来ています。

f:id:Takazin:20180127130136j:plain

 

私とあらとんの出会いは、5年ほど前に、会社の同僚から「あらとん」という非常に特徴的で、美味しいラーメン店がある。と紹介されたのがきっかけでした。

その同僚曰く、特につけ麺がメチャクチャ美味しいとのこと。

紹介されて、早速行ってみて、辛つけ麺(現在は本店にこのメニューはありません)を注文、あまりに美味しくて、今までに食べたことのない味で非常に感動しました。

すっかり虜になってしまい、毎週のように通っていました。

さすがに、最近は行くことはめっきり減りましたが、それでも、支店の北大前店、姉妹店のあらとんブッチャーという店の3店舗を、1ヶ月置きくらいで巡回しています。

  

あら焚き豚骨あらとんとは?

 

魚のあらとトンコツで「あらとん」という名前にしたらしいですが、文字通り、魚のあらでダシをとっているため、この店のスープはかなり魚の味が強いです。

しかし、これがかなり独創的な味で、インパクトがあって、人気が高い理由となっていると思います。

 

 この本店のメニューは、ラーメンとつけ麺があって、ラーメンは、醤油ら~麺と味噌ら~麺の2味があって、つけ麺は、つけ麺、濃厚つけ麺、辛玉つけ麺の3味があります。さらに、それぞれのメニューには特製と名前がつくものもありますが、これは、チャーシューの枚数が増えて、味玉が入ったものになります。

そして、この店の特徴として、ラーメンは並、大盛りが同料金で、つけ麺の方は、並、中、大盛りが同料金となっています。

さらに、つけ麺は、あつもり、ひやもりの2種類があります。

f:id:Takazin:20180127130220j:plain

 

「あつもり」がある店は意外と少なく思います。私は、「ひやもり」よりも「あつもり」のほうが好みで、あらとんでは、夏でも「あつもり」にすることが多いです。

いつもこの店に来て、他の客が注文しているものを見ていると、つけ麺はを注文している客が多いように見えます。

もちろんラーメンも美味しいのですが、つけ麺は非常に美味しくオススメです。

 

今回は濃厚つけ麺を食す

 

地下鉄東西線の二十四軒駅で降りて、徒歩で7、8分程度で到着。あらとん本店は札幌場外市場の中にあります。

 

私は基本的に味噌味が好みなため、この店でつけ麺を食べるときは、辛玉つけ麺を注文することが多いのですが、今回は醤油味の濃厚つけ麺(900円)を食べました。

この日は、PM2時30分位に到着したため、遅めの昼食となりましたが、この時間はさすがに行列もなく、すぐに席に座れました。

濃厚つけ麺の食券を購入して、店員に渡すと、このタイミングで、量を大、中、小のどれにするか、あつもりかひやもりのどれにするか聞かれます。

今回は量は当然の大で、あつもりで注文しました。

(寒いこの時期は、本当にあつもりがウマイ!)

店員に食券を渡し、待つこと10分程度で着丼、早速いただくことにします。

f:id:Takazin:20180127130312j:plain

 

麺はやや太麺で、プルンとしていて、歯ごたえもあり硬さもちょうどいい感じです。

その麺をスープにくぐらせた後、すすってみると、「やっぱり、メチャクチャうまい!」

スープの味は、魚のダシががよく出ていて、海鮮系の鍋のスープを濃くしたような感じです。

私は、メンマがあまり好きではないのですが、この店のメンマは太くて、軟らかく、黒胡椒?で味がつけてあり、私好みの味になっていて美味しいです。

ある程度、食べ進めてから、いつものように、テーブルの上にあるあらとん特製辛粉を麺にふりかけて食べます。

f:id:Takazin:20180127130344j:plain

f:id:Takazin:20180127130412j:plain

 

この辛粉、唐辛子と山椒が入っていると思われますが、柑橘系の爽やかな味もして、ピリッとしていて私好みの味変アイテムです。

そして、チャーシューがとても軟らかく、ホロホロと崩れるような感じで、これまた美味しい。

 

すべて食べ終えたあとは、スープ割をいただきます。このスープ割りは、さらに魚のダシがアップして、これが本当に癖になる味になっています。

f:id:Takazin:20180127130449j:plain

 

ちなみに、麺を食べ終えたあとのスープは、このスープ割りにする他に、白飯(100円)を注文して、それをスープに入れて食べる「白飯ドボン!」といった食べ方もあります。

(この食べ方も美味しく、以前はよく白飯ドボン!を食べていたが、最近は量的にキツくなってきたかな・・・)

 

結びに

 

あらとんは、私に「つけ麺って、こんなに美味しいんだ」と教えてくれた店です。通い続けて5年くらいになりますが、個人的には、今現在においても、つけ麺のNo.1はあらとんです。

(でも姉妹店のあらとんブッチャーとだと甲乙つけがたい。)

この店を知って、1年くらいの間は、キチガイのように通っていました。

 

並、中、大盛りが同料金のため、あまり量を食べれない人には、ややコスパが悪い感じがします。

たくさん食べれる人であれば、当然大盛りで注文すべきです。

濃い味が好みの方で、魚が嫌いでなくて、この店をまだ訪れたことのない人であれば、きっと気に入ると思いますので、該当する方は、一度行ってみることをオススメします。