北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

年末の掃除に大活躍 マジに凄すぎるオキシクリーン

2017年も残すところあと少しとなりました。良い年越しができるように、数日前からコツコツと年末の掃除をしていました。

今年の掃除では、主にOXI CLEAN(オキシクリーン)という洗剤(正確には酸素系漂白剤)を使って掃除しましたが、このオキシクリーンがとても使いやすく、洗浄効果もバツグンなため、今回はオキシクリーンについて、使った感想などについて書いていこうと思います。

f:id:Takazin:20171231030034j:plain

  

オキシクリーンって何?

オキシクリーンは家中の様々な場所で使える、万能系の洗剤です。粉末状になっていて、水やお湯に溶かして使いますが、お湯に溶かしたほうが効果があるようです。

オキシクリーンが溶けると酸素の泡が発生し、この泡が汚れを引き剥がして、落としているという原理らしいです。

このオキシクリーンは実はアメリカ製と日本製があります。

この2つの最大の違いは界面活性剤の有無で、アメリカ製は界面活性剤が入っているのに対し、日本製は界面活性剤が入っていません。見た目にも、アメリカ製は青いツブツブ(これが界面活性剤)が入っていますが、日本製は白一色の粉末です。

f:id:Takazin:20171231115214j:plain

 

原産国もアメリカ製は文字通りアメリカが原産ですが、日本製は中国が原産となっています。

 

以前はアメリカ製しか見かけることはなく、しかも、コストコなど限られたところにしか売っていなく、友人がコストコの会員だったため、その友人とシェアしてアメリカ製を使っていました。しかし、最近、日本製がホームセンターやドラッグストアなどで見かけるようになり、私にとって、気軽に購入できるようになりました。

今回は、日本製オキシクリーンを札幌ロフトで購入しました。

 

浴室で使ってみる 

このオキシクリーンは愛用している人が多く、いろんな人がネット上でその使い方を紹介しています。中でもオキシ漬けと呼ばれている漬け置き洗いで使用している例が多いです。

 

以前、アメリカ製のオキシクリーンを使って、浴室で風呂のフタなどの漬け置きをやりましたが、放置しているだけで汚れがメチャクチャ落ちて感動しました。

ただ、もの凄い量の汚れが水に浮いてきて、そのまま排水したため、排水パイプが詰まってしまい、後日、パイプの掃除をする羽目になりましたが・・・

今回は、日本製のオキシクリーンで浴室にある物のオキシ漬けをやってみることに。

f:id:Takazin:20171231122753j:plain

 

浴槽に50℃くらいのお湯を、適当な深さまで入れ、この中にオキシクリーンを付属のスプーンで6杯くらい入れました。正直、ベストな分量はわからなかったので、今後は、使いながら適切な分量を探っていこうと思います。

このまま、3時間くらい放置しましたが、すっかり汚れが落ちてキレイになっていました。

そして、前回の反省を踏まえて、今回は網で浮いた汚れをすくってから排水しました。

f:id:Takazin:20171231123220j:plain

 

換気扇に使ってみる

換気扇にも使ってみました。我が家の換気扇は、何年も掃除した記憶がなく、若干恐怖すら感じます。しかも、オキシクリーンがハードな油汚れに対しても、効果があるのかも疑問でした。 

まずは、換気扇のプロペラを外します。油でベトベトです。

f:id:Takazin:20171231123854j:plain

うわ~、きったね~、さわりたくねぇ~!

 

ビニール袋に貯めた60℃くらいのお湯にオキシクリーンを溶かし、その中にプロペラを入れます。

f:id:Takazin:20171231124036j:plain

 

すると、入れてまもなく汚れが浮いてきました。もの凄い即効性です。水の色も漫画などで出てくるような、毒沼のような灰緑色の水に変化しました。

そして、30分くらいで引き上げてみるとピカピカに、水を拭き取ってみると

「おお、マジすげえ~!」

あまりの効果に、改めて感動しました。

f:id:Takazin:20171231124923j:plain

 

また、プロペラをオキシ漬けしている間に、換気扇本体も油ベトベトなため、これもオキシクリーンで掃除することに、霧吹きを用意して、適量のオキシクリーンを60℃位のお湯に溶かして準備OK。これを、汚れの酷いところに噴霧して、汚れを浮かせて拭き取ります。

この霧吹きを用いる方法は、前出のコストコの会員である友人から教えてもらった方法です。

f:id:Takazin:20171231125606j:plain

f:id:Takazin:20171231125632j:plain

 

実際にやってみると、これまた凄い!

噴霧したそばから、汚れが見る見る落ちていきます。作業する前は「この汚れを落とすのにどれくらいの時間がかかるのだろう」と憂鬱になっていましたが、10分程度ですっかりキレイになりました。

f:id:Takazin:20171231130102j:plain

 

 

結びに

今回は、オキシクリーンの使い方としてオキシ漬けの他に、霧吹きを用いる方法を知りましたが、予想を遥かに超える効果だったため、ますますオキシクリーンが気に入りました。

そして、今回は家中の拭き掃除に、このオキシクリーンの霧吹きを用いましたが、今まで使っていたメジャーな住居用洗剤よりも、効果があるようにすら思いました。

オキシクリーンのおかげで、拭き掃除がはかどり、時間も短縮できて、何とか今年の汚れは今年のうちに片付けることができました。いい気分で、新しい年を迎えれそうです。

この、オキシクリーンは性能、使いやすさ共に秀逸でオススメです。