北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

第69回さっぽろ雪まつり 迫力あるプロジェクションマッピングの大通会場

2月5日から、毎年恒例のさっぽろ雪まつりが開催されています。

今年は69回目の開催となりますが、会場は沢山の観光客で賑わっていました。

特に海外からの観光客が非常に多かったように思います。

 

さっぽろ雪まつりのイベント会場は、大通会場、つどーむ会場、すすきの会場3つに分かれていて、それぞれに特徴があります。

各会場の特徴を列挙すると、まず大通会場は、大小様々な雪像と迫力あるプロジェクションマッピングがメインとなっています。

つどーむ会場は、大きなすべり台などがあって、雪を楽しむ会場となっています。

そして、すすきの会場は、氷の繊細な彫刻が展示されています。

今回は、大通会場について、私が見てきた雪像などを紹介しようと思います。

f:id:Takazin:20180205232538j:plain

   

大通会場の開催期間とアクセス

大通会場での開催期間は2018年の2月5日から2月12日までの一週間となっています。

若干期間が短く感じるかもしれませんが、その理由は、おそらく、期間を長くすると気温が高くなる日も出てきて雪像が溶けたりして、思わぬ事故が発生しかねないからだと思います。

大通会場は大通公園の西1丁目から西12丁目までの間で各イベントが催されています。

 

アクセスは地下鉄の大通駅を地上に出てすぐです。

そして、人の流れを円滑にして、接触事故を防ぐために、この大通会場では順路が決まっています。

北側(札幌駅方面側)を歩くときは、東から西(1丁目から12丁目に向かう方向)で、南側(すすきの方面側)を歩くときは、西から東(12丁目から1丁目に向かう方向)に進むように決まっています。

今回は私が見てきた主な雪像を、西1丁目から西12丁目方面に向かう方向順で、紹介していこうと思います。

 

西4丁目のFFのプロジェクションマッピングは迫力満点

まずは西4丁目にやってきました。この場所は昨年同様に、私の大好きなゲームであるFF(ファイナルファンタジー)に関する、巨大な雪像が展示されていました。

しかも、単なる雪像ではなく、プロジェクションマッピングと呼ばれる、光と音との演出付きです。

 

今回のFFはオンラインゲームであるXIV(14、つまりシリーズ第14作目)がテーマで、竜騎士と邪竜ニーズヘッグの対決を描いた雪像で、タイトルは白銀の決戦です。

(ちなみに、昨年はⅦがテーマで、主人公のクラウドとラスボスのセフィロス雪像でした。)

今回のXIV(新生エオルゼアと呼ばれている)は、発売された当初に私もプレイしていました。しかも、今回雪像となっている竜騎士でプレイしていましたので、今回の雪像は、自分にとって何だかとても嬉しかったです。

ただ、肝心のゲームは1年くらいして引退してしまいました。(ちょうど、ツインタニアという強敵を倒せたくらいで引退しました。そういえば、あの時はアラガンロット理解できなかったり、ツイスター踏んでしまったりして、よく怒られてたなぁ~)

 

実際に、プロジェクションマッピングが始まると、もの凄い音と光の演出で、とにかくど派手で、竜騎士もかっこよく、とても見ごたえがありました。

f:id:Takazin:20180206033641j:plain

f:id:Takazin:20180206033718j:plain

f:id:Takazin:20180206033754j:plain

 

ちなみに、このプロジェクションマッピング上映時間は18時から22時までとなっています。

 

さらに、近くにFFのグッズを販売しているプレハブもありました。

f:id:Takazin:20180206102241j:plain

f:id:Takazin:20180206102337j:plain

 

 

西5丁目から西7丁目まで

様々な雪像や、主に北海道の食材やホットドリンクなどを販売している店舗が並んでます。

f:id:Takazin:20180206103432j:plain

北海道といえばやっぱりカニ!うまそうだけど高っ!

 

f:id:Takazin:20180206103005j:plain

ライトアップされたストックホルム大聖堂

 

f:id:Takazin:20180206103234j:plain

CMでお馴染みのお父さんもいました

 

西8丁目「雪のHTB広場」もスゴい

西8丁目に到着すると一際大きな雪像が、奈良・薬師寺 大講堂が姿を現しました。

f:id:Takazin:20180206230035j:plain

 

この大講堂でも、プロジェクションマッピングが行われています。

f:id:Takazin:20180206230553j:plain

f:id:Takazin:20180206230823j:plain

f:id:Takazin:20180206230904j:plain

f:id:Takazin:20180206230944j:plain

 

先の西4丁目プロジェクションマッピングがもの凄い迫力であったのに対し、こちらの方はかなり幻想的でした。

西4丁目、西8丁目ともに、上映時間は2、3分程度ですが、上映が終わると周囲から「すごかった」、「見ごたえがあった」などの賞賛の声ばかりが聞こえてきました。

ちなみに、このプロジェクションマッピング上映時間は18時から21時までとなっています。

 

西9丁目から西12丁目まで

西9丁目には大小様々な雪像が展示されていました。

f:id:Takazin:20180206232705j:plain

f:id:Takazin:20180206232736j:plain

 

西10丁目は大きな雪像が2つあります。

まずは巨大なカップヌードル雪像です、実はコレ、雪のすべり台になっているようです。

f:id:Takazin:20180206233119j:plain

 

続いて、漫画家の手塚治虫の生み出したアニメキャラクターが勢ぞろいした巨大な雪像手塚治虫 生誕90周年記念 オールスターズ」がそびえ立っていました。

f:id:Takazin:20180206234058j:plain

 

ちなみに、去年はこの場所で、「STAR WARS」のプロジェクションマッピングが行われていました。巨大なカイロ・レンの雪像に、迫力ある映像とダース・ベイダーのテーマが流れたりして、圧巻でした。

 

西11丁目会場は国際雪像コンクールの会場です。去年も同じ場所でコンクールが行われていましたが、このコンクールに出展される雪像は、繊細なものが多く、はっきり言ってメチャクチャ美しいものばかりです。

昨日(6日)の段階では、まだ完成していない制作途中のものも、いくつかありました。

f:id:Takazin:20180206235847j:plain

f:id:Takazin:20180206235921j:plain

 

さらに、この西11丁目は、初音ミク雪像(通称:雪ミク)があるところです。

f:id:Takazin:20180207001324j:plain

f:id:Takazin:20180207001354j:plain

夜になるとライトアップされます

 

西12丁目は市民が制作した、沢山の市民雪像が並んでいます。

f:id:Takazin:20180207001645j:plain

f:id:Takazin:20180207033157j:plain

ひふみんと藤井聡太五段でしょうか?

 

f:id:Takazin:20180207001744j:plain

西12丁目会場だけでなく、全体を通してもミニオンズの雪像が多い気が・・・

 

f:id:Takazin:20180207001803j:plain

清宮選手でいいんだよね?野球詳しくないオイラでもわかる、これは似てる!

 

結びに 

思いつくままに、さっぽろ雪まつりの魅力をいろいろ紹介してきました。本当はまだ書きたいこともたくさんありますが、このへんにしておこうと思います。

この大通会場に行くならば、絶対夜がオススメです。なぜなら、雪像がライトアップされてとても幻想的で美しいからです。

雪像のライトアップは、ほとんどが18時から(一部17時30分から)21時もしくは22時までとなっています。

特に、西4丁目、西8丁目の2つのプロジェクションマッピングは絶対に見るべきだと思います。

私はプロジェクションマッピングを、去年初めて見ましたが、想像以上の素晴らしさに感動して、スマホで動画を撮りました。(動画を撮ることは禁止されていません。)

 

さっぽろ雪まつりの期間は短いです、時間を作って、数々の雪像プロジェクションマッピングを見に行かれてはいかがでしょうか?きっと感動すると思います。

ただ注意として、夜は一気に冷え込む可能性があるので、防寒対策をしっかりしてから出かけるといいでしょう。