北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

再訪 おにそば豚退治 冬の2つのお得な限定蕎麦

以前このブログでも取り上げたおにそば 豚退治という蕎麦屋さんが、2月16日までの冬期間限定メニューを販売していました。

限定メニューは2種類のかけ蕎麦です。2種類とも麺の量が450gで、値段は680円となっています。f:id:Takazin:20180207210507j:plain

 

写真を見ると「替玉1玉無料!」と書いてあり、これで680円というのは、かなりコスパがいいような気がします。

しかも、平日昼のランチタイムに行けば、ライスも一杯無料となっているので、たくさん食べれる人にとっては、まさに至れり尽くせりです。

  

しかし、実はこの2つの限定蕎麦は、昨年末にも販売されていましたが、期間がいつまでなのかが明記されてなく、いつのまにか終了したように思いました。(私の勘違いかもしれませんが・・・)

そしてこの間、こちらの蕎麦を食べたくて立ち寄った際に、また販売されていることがわかりました。しかも、今度は期間がはっきり明記されています。

この限定蕎麦を2種類とも食べたので、その味などについて述べていこうと思います。 

 

限定その1.台湾辛蕎麦  

この台湾辛蕎麦を食べた日は、無料のライスも目当てだったため、午後からの勤務の日を選んで行きました。その日は、店に11時半くらいに到着しました。

まずは、いつものように券売機から食券を購入して店員に渡します。

そして、もちろんライスも付けてもらいます。

f:id:Takazin:20180207211233j:plain

限定蕎麦の食券は、券売機右下の黄色いやつです

 

店員に、食券を渡してから、10分程度で出来上がってきました。

f:id:Takazin:20180207223618j:plain

f:id:Takazin:20180207223703j:plain

 

この蕎麦の具材は、 肉味噌、ニラ、そして生卵となっています。

さっそく一口食べてみると、予想通りというか、わかりきっていたことですが、ピリ辛の肉味噌がメチャクチャ美味しいです。

ジャージャー麺の蕎麦バージョンといった感じです。

全体としては、ピリ辛でなかなか美味しかったのですが、もう少し、スープがジャンクな方が美味しいかな?と思いました。

例えば、この店の定番メニューである背脂地獄の背脂が少し入ると、全体的にもっとまとまるような感じがしました。

 

蕎麦のみを全部食べてから、替玉を注文します。

f:id:Takazin:20180207230557j:plain

 

こいつを食べかけの蕎麦つゆの中にドボン!

さらに、卓上にあった揚げ玉も入れます。

f:id:Takazin:20180207230730j:plain

 

これだけ食べれば、流石にお腹がいっぱいになりました。

f:id:Takazin:20180207230923j:plain

 

限定その2.スープカレー蕎麦

台湾辛蕎麦を食べてから一週間ほど置いて、もう一つの限定蕎麦のスープカレー蕎麦を食べに行きました。

この日は、仕事が休みの日だったのですが、起きたのが遅く、到着したのが午後2時くらいでした。

店に入ると、この日は無料のライスが品切れとなっていました。

「が~ん!もっと早く起きればよかった。」

今回は、ライスなしで注文します。

(しかし、卵1個は無料となっているので、卵はしっかり付けてもらいました。)

そして、今回も店員に食券を渡してから、10分程度で出来上がってきました。

f:id:Takazin:20180207230026j:plain

f:id:Takazin:20180207230117j:plain

 

こちらの蕎麦の具材は、豚肉にネギ、そして香辛料が入っています。そして、スープの色も若干黄色い感じがします。

まずは、スープを一口、「おおっ!スープカレーだ!」

普段はルーカレーしか食べない私ですが、確かに数年前に食べたスープカレーの味がしました。

このスープカレーの味が、和風の蕎麦つゆと合わさって、不思議な味になっていました。

そして、上に乗っている豚肉は軟らかくてとても美味しいです。

とてもスパイシーな香りがする蕎麦でしたが、私はルーカレーの方が好きなので、この具材でルーカレー風のカレー蕎麦を食べてみたいと思いました。

 

そしてスープカレー蕎麦でも、蕎麦のみを全部食べてから、替玉を注文します。

f:id:Takazin:20180207232551j:plain

 

そして、取っておいた生卵と一緒に、食べかけの蕎麦つゆの中にドボン!

さらに、卓上にあった揚げ玉を加えて、カレーパウダーもふりかけます。

f:id:Takazin:20180207232841j:plain

 

この時もお腹がいっぱいになりました。

f:id:Takazin:20180207233309j:plain

 

 

結びに 

これだけいろいろと食べることが出来て680円は、とてもお得だと思います。

ライスと替玉を付ければ、大食いの人でも満足できると思います。

最初の方でも述べましたが、この限定蕎麦は2月16日までとなっています。

 

無料のライスは、遅い時間に行くと、今回のように品切れになることがあるかもしれません。

確実にライスを食べたいのであれば、午前中に行くべきです。