北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

やきそば弁当の新作 焼とうきび風焦がし醤油味は美味しく面白い味

数日前に、いつも会社帰りに立ち寄るスーパーに行ってみると、やきそば弁当の新作が販売されていました。

今回は、2つの味が新しく販売されたようですが、その内の1つである「焼とうきび風焦がし醤油味」を食べました。

f:id:Takazin:20180208222542j:plain

  

ちなみに、とうきびとは北海道などで使われている方言で、とうもろこしのことです。

購入したときは、一体どんな味なのか想像もできなかったため、早く食べてみたいと思いました。

 

そもそも、やきそば弁当って何? 

やきそば弁当北海道で限定販売されているカップ焼きそばで、北海道民の多くはやき弁と呼んでいます。北海道民なら誰でも知ってる(と思われる)メジャーな食べ物です。

この「やき弁」はマルちゃんでおなじみの東洋水産が販売しています。

1975年に発売されてしばらくは、シンプルなソース味のやきそば弁当しかなかったのですが、今では、塩味やたらこ味など、様々な味が販売されています。

新作が販売されると、北海道出身の人気タレントタカアンドトシ」のコント調のCMがよくテレビで放送されます。このCMが流れるのも北海道ならではだと思います。

 

そして、このやきそば弁当の最大の特徴は、何といっても中華スープ(「ちょい辛」という商品のみ、コンソメスープ)が付いてくることです。

普通、この手のカップやきそばを作るときに入れたお湯は、時間経過後に捨ててしまいます。

しかし、このやきそば弁当の場合は、中華スープの粉末をカップに入れておいて、本来捨てるべきであるお湯を再利用して作ります。 

 

私は小さい頃から、このやきそば弁当を食べて育ってきたので、カップやきそばには、中華スープ(のようなもの)が付いてくるのが、当たり前だと思っていました。

しかし、他社のやきそばは、使ったお湯は捨てるだけでしたので非常に驚きました。

この戻し湯で中華スープをつくるというアイデアは、たとえ、最近考えられたアイデアだったとしても実に画期的だと思います。

しかし、どうやら最初に販売された1975年から、この中華スープが付いていたようで、この商品を最初に考えた人は本当にスゴイと思います。

 

とうきび風焦がし醤油味を作ってみる

さっそく、包装を開けてみるとかやくと液体ソース、そして、ふりかけと中華スープがくっついているものの3つの袋が入っています。 

f:id:Takazin:20180208234754j:plain

   

まず最初にかやくを入れて、お湯を注ぎます。かやくは乾燥させたコーンとキャベツです。

さらに、例の中華スープの粉末をカップに入れておきます。

f:id:Takazin:20180208235200j:plain

f:id:Takazin:20180208235717j:plain

いいカップがないので茶碗を使いました。

 

3分後、お湯を中華スープに注いでいきます。中のお湯は完全に切ってからソースを入れます。

f:id:Takazin:20180209210156j:plain

ここで注意ですが、今回は久々に作ったため、中身のお湯を全て中華スープに注ぎましたが、これだとスープの味が薄くなってしまいます。

パッケージには150mlのお湯を中華スープに入れて、残りは捨てると書いてありました。

実際、150mlを量って入れるのは困難ですので、あらかじめカップに水が何ml入るか調べてから作るといいと思います。

今回のやき弁のサイズだと、お湯を全部入れると、スープの味はかなり薄くなってしまいます。

f:id:Takazin:20180209000751j:plain

お湯をこんなになみなみと入れてしまった、私としたことがシクった。

 

お湯を切った麺の方は、フタを全部開けて液体ソースを入れます。さらに、ふりかけも加えて、全体をよく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180209194055j:plain

f:id:Takazin:20180209194119j:plain

 

とうきび風焦がし醤油味を食べてみる 

まずは、中華スープからいただいてみます。

実は、このスープは非常に人気があります。実際に、私の周りでも「やきそば弁当は、あのスープが飲みたくて買ってしまう」、「メインのやきそばより、スープの方が好き」という人もいるくらいです。

今回作ったスープを一口飲んでみると、やっぱり薄かったのですが、小さい時から慣れ親しんでいるこのスープは、相変わらず美味しいと思いました。

 

そしてすでに香ばしい匂いのする、メインのやきそばを食べてみます。

一口食べると「おっ!焼とうきびそのものじゃん!

夏祭りなどで食べたことのある、焼きとうきびの味がちゃんとします。

そして、これがなかなか美味しい。

ソース(醤油)の味も、濃すぎず、薄すぎずといった感じで、非常に食べやすいです。

 

そして、ある程度食べ進めて味変をしようと思いました。

マヨネーズが良さそうな感じがしますが、味が薄くなりそうでしたので、一味も入れてみました。

f:id:Takazin:20180209201509j:plain

 

結果は、まあ普通に美味しかったのですが、焼とうきびの風味が弱くなって、別の新しいものになった感じがします。

まぁ、別にやらなくてもよかったかな。

 

結びに 

この「焼とうきび風焦がし醤油味」は、ちゃんと焼とうきびの味がして、意外とおいしかったです。今までにない味で、まさに新感覚でした。

特に、焼とうきび特有の、あの香ばしい醤油の焼けた匂いが再現されているのが素晴らしいです。

とうきびが好きな方は、一度は食べてみて損はないと思います。