北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

マカが入った栄養価が高いペヤング? 夜のペヤング やきそば 夜食ver.を食べてみた

数日前にドンキホーテで売っていた、「夜のペヤング やきそば 夜食ver.」を食べてみました。

パッケージは、まさに夜を想像させる夜空のようなデザインでした。

f:id:Takazin:20180213181709j:plain

 

このやきそば、一体どんな味がするのかはもちろんのこと、何ゆえに名前に「夜」とついているのかも気になるところです。

そして、マカというものが入っているようですが、マカとは一体何なのでしょうか? 

  

マカって何?

マカとは、ペルーが原産になっているアブラナ科の植物で、同じアブラナ科大根やカブの仲間らしいです。

大根やカブと同じく、根が食用になっているようですが、乾燥させて使うこともあるようです。

ちなみに根は、にんにくのような形をしています。

 

マカを栽培すると、その土地の養分が吸い尽くされると言われています。それゆえ、マカは非常に栄養価も高くサプリメントなどにも利用されています。

ちなみに、マカには活力増強、集中力アップ、疲労回復、ストレス軽減などといった効能があるようです。

 

そして今回のぺヤングは、どうも夜に受験勉強や仕事をする人のための夜食用に作られたようです。このことから、今回の商品に「夜」が入ったネーミングになった理由がわかりました。

 

夜のぺヤングを作ってみる

この「夜のペヤング やきそば 夜食ver.」の包装を開けると、かやく、ソース、ふりかけとスパイスがくっついたものの3つの袋が入っています。 

f:id:Takazin:20180213194132j:plain

  

ふりかけとスパイスがあるのは、スタンダードな「ペヤング ソースやきそば」と同じです。

今回のかやくには、キャベツ、ニンジン、キクラゲが入っていました。

そして肝心のマカは、どうやらソースに配合されているようです。

 

まず最初にかやくを入れて、お湯を注ぎます。3分後お湯を切った後、ソースを入れて、さらに、ふりかけとスパイス入れて、よく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180213200511j:plain

f:id:Takazin:20180213200544j:plain

 

夜のぺヤングを食べてみる 

出来上がりをさっそく食べてみます。

ピリ辛ソースが非常に美味しく、そして、食べやすい感じがします。

ちょうどスタンダードの「ペヤング ソースやきそば」をピリ辛にした感じで、だだでさえ美味しい「ペヤング ソースやきそば」に辛味が加わって、さらに美味しくなった感じがします。

辛さ的には「ペヤング ソースやきそば」と「ペヤング 激辛やきそば」の中間くらいの辛さだと思います。

私個人の見解ですが、この夜のぺヤングは、今まで食べたぺヤングの中でも、とても美味しい部類に入ると思いました。

 

そして、半分くらい食べた後、今回も味変をしようと思いました。

辛さを増すのもいいかな?と一瞬思いましたが、今回はマヨネーズを入れた方が美味しくなりそうな感じがしたため、マヨネーズのみを入れてみることにしました。果たして結果は?

 

やっぱり美味かった  

実際マヨネーズを入れて、よく混ぜてから食べてみます。

f:id:Takazin:20180213202125j:plain

f:id:Takazin:20180213202147j:plain

 

「うん!メチャクチャうまい!」

私的に、シンプルなソース味の焼きそばにはマヨネーズは付き物で、必ずといっていいほど、後半にマヨネーズを入れて味を変えて食べます。

マヨネーズのクリーミーな感じと、ソースの香ばしさがよく合います。

しかも、今回の夜のやきそばはピリ辛なので、これがさらに、マヨネーズによく合って、非常にクセになる味になりました。

ということで、マヨネーズを入れたことは大正解でした。

 

結びに 

この夜のやきそばは、以前、このブログで紹介した背脂MAXと同様、私が食べたことのあるぺヤングの中では、かなり美味しい部類だと思いました。

ピリ辛具合がちょうど良く、美味しいのはもちろんですが、とにかく食べやすかったです。

そういえば、この商品に入っているマカの効能については、結局、体感的にはよくわかりませんでした。

私が鈍感なだけかも知れません。

気になる方は、是非一度食べてみるといいと思います。