北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

新作の辛いケンタッキー 2種類の辛々醤チキンを食べ比べてみた

あのケンタッキーフライドチキンが、2月2日から辛いソースをつけて食べるサクサク衣の骨なしチキンを販売しました。

辛いものが大好きなオイラも、2月の初めころに、辛いケンタッキーの新作が出たということは聞いていて、絶対に食べようと思っていました。

f:id:Takazin:20180220231132j:plain

 

今回発売された新作は、辛々醤(からからじゃん)チキンという名前で、しかも、ソースが四川風の「ラー」タイ風の「ペッ」2種類ありました。

ちなみに、「ラー」は中国語で、「ペッ」はタイ語で、それぞれ辛いという意味らしく、どうやら、今回の新作は「辛いソース」という意味があるようです。

  

この新作が販売た後、何かと都合が悪く、なかなか食べる機会がなかったのですが、先日、やっと食べにいけそうな機会ができました。

ところが、ネットでこの辛々醤チキンの詳細を調べようとした時に、ショッキングな事実を知ってしまったのでした。

 

なんと、ラーが販売終了となっていた

ネットでKFCのホームページにアクセスして、辛々醤について調べると、新商品の紹介欄には「ペッ」しかありませんでした。

何となくイヤな予感がしつつも、さらに調べていくと「ラー」は2月15日で販売終了となっていました。

ちなみに、ネットで調べた日が16日でした。16日の勤務後にススキノにあるKFCの店舗を外から見てみると、やっぱり「ラー」は販売終了となっていました。

「あ~、くそっ、しまった!あと一日早ければ・・・」メチャクチャ後悔しました。

しかし、悔やんでも時すでに遅しです。

そして、今販売されている「ペッ」は、3月8日までの販売となっていたので、食べに行くのはもう少し後でもいいかな?って考えていました。

 

偶然の奇跡、なんとラーが・・・ 

先日の18日の日曜日、この日は休日だったため、いつもの休日のようにラーメンを食べに出かけようと考えていました。

ところがその当日、こともあろうか思いっきり寝坊して、起きたのが午後1時30分くらいでした。

この日予定していたラーメン屋は、午後3時から準備中となるようだったので、急いで支度をして、とりあえず地下鉄に乗り込みました。

地下鉄の車内の中で、いろいろ考えていると、ラーメン屋にはおそらくギリギリ間に合わないような感じがしてきました。

最初行こうとしていたラーメン店とは違う店に行こうとも考え、店を調べるために、とりあえず札幌駅で降りて、いろいろと検索してみました。

しかし、この日行きたかったほとんどの店が、午後3時から準備中となっていました。

 

「う~ん、どうしようか?」と悩んでいると、あるアイデアが浮かびました。

「そうだ!辛々醤のペッを今日食べればいいんじゃないか?」、「ちょうどここからだと札幌エスタ店もあるし・・・」、我ながらナイスなアイデアです。

f:id:Takazin:20180220232257j:plain

 

さっそく、ケンタッキーフライドチキン札幌エスタ店に向かいました。

到着して、まず驚きました。なんとこちらの店舗では、販売終了になったはずのラーが販売されていたのです。

諦めていたものが目の前に存在し、しかも一度に2種類を注文することができて、食べ比べもできるとは、なんというラッキーなことでしょうか。

 

2つのソースの味は?

辛々醤チキン2つだけだと、お腹がいっぱいにならないだろうと思い、ドリンクと野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)を一つ付けました。

f:id:Takazin:20180220230654j:plain

f:id:Takazin:20180220230727j:plain

 

ツイスターは、コチュ醤ツイスターという新発売のものがあったのですが、ラーがあったことに驚いて、この新発売のツイスターに気づきませんでした。

コチュ醤ツイスターについては、機会があれば近々食べようと思ってます。

 

まずは、「ラー」からいただいてみます。

f:id:Takazin:20180220232454j:plain

 

一口食べて「おっ、ウマい!」と感じました。ソース自体は麻婆豆腐に似た味です。

特に花椒が効いていて、辛さもなかなかいい感じで、思いっきり四川という感じがします。

私は、この花椒や山椒のピリピリする感触が大好きです。このソースをオリジナルチキンにも付けて食べてみたいと思いました。

私にとっては、この「ラー」ソースは非常に美味しく、面白い味に感じました。

 

続いて、「ペッ」もいただいてみます。

f:id:Takazin:20180220233903j:plain

 

こちらも一口食べてみます。まず思ったことは、ソースを付けても味があまり変化しないように感じました。

ただ、何となく酸味のあるピリ辛なのは感じることができました。

おそらく先ほど食べた「ラー」の味が濃かったのだと思います。

もう一口(二口でなくなってしまうのだが・・・)食べみます。

よく味を確かめながら食べると、トムヤムクンのようなエスニック系の味がしました。

こちらの「ペッ」ソースも美味しいのですが、私的には、もう少し濃い目の味の方がいいと思いました。

 

結びに

私は、「ラー」の方がパンチが効いていて好みでしたが、「ペッ」も変わった味でなかなか美味しいと思いました。

以前、このブログでも紹介したレッドホットチキンも、ソースを付けて食べるタイプのチキンですが、いろんな食べ物を途中で味変したくなる私にとっては、一粒で二度美味しく、得した感じになれます。

今後も、ソースを付けて食べるチキンの新作が販売されればいいな~と思います。

それにしても、2つのソースを同時に味わうことができたのは、本当にラッキーでした。