北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

困った!冬に自宅のドアが開かない

私の住んでいる札幌では、日中の時間は少し暖かくなってきましたが、まだまだ朝晩の冷え込みは厳しいです。

この寒い冬の時期、特に会社から帰ってきた夜などに、玄関の鍵が開けづらくなることがあります。

f:id:Takazin:20180227233137j:plain

  

特に以前住んでいたアパートでは、ドアノブに鍵を差しても、鍵が回らないことがよくありました。

現在住んでいるアパートでも、最近、鍵を開けるのに少し力が要るような気がしてきました。

今回、ふと以前経験したことを思い出したため、この現象についての良い解決策について紹介して行こうと思います。

 

解決策がわからなかった  

以前に住んでいたアパートで、ある年の冬に突然、玄関の鍵が開けにくくなりました。

すぐに、ドアノブの鍵穴の中に水が入って、それが凍結したんだろうということは察しがつきました。

症状が出て、最初のうちは鍵を何回もガチャガチャを回して開けていましたが、日に日に寒くなっていくと、数回ガチャガチャやっただけではなかなか開かなくなってきました。

じゃあ、温めればいいのだろうと思ったため、チャッカマンでドアノブを熱していました。(危険なので良い子のみんなはマネしないで下さい)

f:id:Takazin:20180227233209j:plain

 

ただ、こうしても中まで熱が行き届かないことも多く、結局ドアの前で10分程度ガチャガチャ格闘する日がほとんどでした。

しかも、熱したドアノブにさわって手を火傷するという、なんともマヌケなこともやらかしてしまいました。

このままではやってられないと思い、毎日、何かいい方法はないのかな?とずっと思っていました。

ある時、ホーマック(主に北海道にあるホームセンター)で買い物をしている時に、解氷スプレーなるものを発見し、「これはもしや・・・」と思ったので、さっそく購入して試すことにしました。

 

解氷スプレーはマジにすげぇ~

この時に購入したスプレーの商品名やメーカー名は、何だったか覚えていませんが、付属品として細いスロトーのような管も付いていました。

一般的なスプレーとして広い範囲に噴霧することができる他に、ストローを差し込めば、鍵穴のような狭い範囲でも使用することができる仕組みとなっていました。

購入後すぐに、ストローを取り付けたこのスプレーを使ってみました。

すると、いつもは何回もガチャガチャやらないと鍵が開かなかったのですが、簡単に開けることができました。

しかも、ほとんど力を使わずに開けることができました。

正直、この解氷スプレーが、ここまでの効果があるとは予想していなかったため、あまりの威力に感動してしまいました。

「ああ、もっと早くに気づいて、試していれば・・・」 

 

現在のアパートにもスプレーする

現在住んでいるアパートでも、夜に急に冷えたりすると、鍵を開けるのに少し力が要るようになってきました。

そこで、以前使用した解氷スプレーを買うために近所のホームセンターに行きました。

しかし、以前使用した細いスロトーの付いた解氷スプレーと同じものは店頭に並んでませんでした。

代わりに、鍵穴専門の解氷スプレーがあったのでこちらを購入することに、以前購入した解氷スプレーと比べて、かなりサイズは小さいです。

f:id:Takazin:20180301034256j:plain

 

使い方は、ドアノブの鍵穴に差して押せば、液が鍵穴にスプレーされる仕組みになっています。

f:id:Takazin:20180301034335j:plain

 

スプレーをして、数秒おいて鍵を差して回すと、小さな力で簡単に鍵を回すことができました。 

今回使用したこの製品は、車の鍵用となっていますが、玄関の鍵に使っても問題ないと思われます。

 

ちなみに、この商品には、解氷の他にも潤滑の効果があるようです。

今回の記事を書くためにいろいろと調べて気づいたことがありました。

それは、鍵専用の潤滑油以外の油を使うと、鍵穴の中にゴミなどが付着して、却って症状が悪化する場合があるということです。

このような理由から、鍵穴には鍵穴専門の解氷スプレーを使うべきでしょう。 

 

結びに 

寒い中、やっと帰宅したのに、鍵が開かなくてなかなか家に入れないときは、本当にイライラしました。

手もかじかむ(北海道弁で凍えて思い通りに動かなくなること)し、何よりも虚しい気分になりました。

もしかしたら、以前の私と同じように、毎日開かないドアと数分格闘してる人がいるかも知れないと思ったため、このような記事を書きました。