北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

珍しい辛いあんかけの新商品 日清焼そば U.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば

数日前、いつものようにスーパーで買い物をしていると、面白そうな新商品を発見しました。

その商品名は、「日清焼そば U.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」というものです。激辛好きのオイラの目にとまって、すぐに購入を決めました。

f:id:Takazin:20180312214548j:plain

  

激辛ではなさそうですが、大辛と書いてありますので、きっとそこそこ辛いのでしょう。

また、旨辛味噌と書いてあるので、味噌味が好きな私は味にも期待しました。

それにしても、辛いあんかけ焼そばって、中華料理店でもなかなか見ない気がして変わっている感じがします。

今回は、この「大辛あんかけ風焼そば」について書いていこうと思います。 

 

開封して、作ってみる 

まずは、包装を開けてみます。

この商品は、とろみの素と粉末スープの2つの袋が入っています。

ちなみに、2つともお湯を入れた後に入れるようです。

f:id:Takazin:20180312223325j:plain

 

この「大辛あんかけ風焼そば」のかやくは、袋に分けられているのではなく、最初から麺と一緒に入っているタイプでした。

ちなみに、かやくの中身キャベツとキクラゲとニンジンとなっていました。

f:id:Takazin:20180312223259j:plain

 

実際の作り方ですが、まずは、お湯を目印の線まで入れて、4分待ちます。

時間が経過すると、一般的なカップの焼そばであれば、この時点で湯切りをしていくのですが、この「大辛あんかけ風焼そば」は湯を切らずに、そのままとろみの素と粉末スープを入れます。

f:id:Takazin:20180312225044j:plain

 

そして、1分ぐらい混ぜていけば、スープにとろみがついて完成となります。

 

実食してみる、辛さは? 

とろみがついたので、出来上がりを食べてみます。

f:id:Takazin:20180312225306j:plain

 

味は、きちんと味噌の旨味が効いていて、なかなか美味しかったです。

例えるなら、ピリ辛のタンメンにとろみをつけた感じです。

 

また、辛さの方は私にとってはそれほどではありませんでした。

しかし、辛いと表記のあるカップ麺の中では、辛い部類に入ると思うので、辛いものが苦手な方は相当辛く感じると思います。

 

あくまでも私の個人的な感想ですが、麺はもう少し太いほうがいいと思いました。

太い麺の方が好きな理由は、食べごたえがあり、食感が楽しめるからです。

ただ一般的には、あんかけ焼そばに太い麺というのは見たことがないような気がします。

そのため、この「大辛あんかけ風焼そば」の麺が細くなっているのかなと思いました。

 

今回もメガデスソースで味変

半分くらい食べたときに、今回も味変をしようと思いました。

今回はやや辛さが物足りなく感じたので、単純に辛さが欲しいと思ったため、少し入れただけですぐに激辛にすることができる必殺のメガデスソースを選びました。

f:id:Takazin:20180312232731j:plain

f:id:Takazin:20180312232753j:plain

ゲッ!少し入れすぎた! 

 

今回もカメラを撮りながらメガデスソースを入れたのですが、実はこの作業がなかなか難しく、今回は手元が狂ってしまい入れすぎてしまいました。

結果、辛くなりすぎてしまいました。

それでも、味噌味がきちんと残っていて美味しかったです。

 

結びに 

今回の「日清焼そば U.F.O.湯切りなし 大辛あんかけ風焼そば」は、なかなか面白い新商品だと思いました。

辛いあんかけ風の焼そばは、本当に珍しいと思います。

この新商品は、メチャクチャ辛いというわけではないので、基本辛いものは好きだけども、辛すぎるのは苦手だという方にオススメです。