北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

のど飴の食べ過ぎに要注意 突然下痢するようになった

北海道も最近ようやく暖かくなってきました。

ここ数年、このような春先に体調を崩すことが多くなりました。

どうやら、冬から春、夏から秋などの季節の変わり目に体調を崩すことが多いようです。(中年ゆえに体力が落ちてきているのかな?)

今年は、今のところ問題はないのですが、毎年この時期に、頭や喉が痛くなって、だるい感じがしたりすることが多いです。

 

去年のちょうど今頃は体調が悪くなってしまい、何とか体調を良くしようといろいろなことをしましたが、その際に非常に恐ろしい経験をしたので、このことについて述べていきたいと思います。

  

突然、下痢の症状に襲われる

去年の春先に体調を崩した時は、カゼの引きはじめのような感じで、これが一週間程度続きました。

ただ、高熱が出て動けなくなったりすることはありません。

この期間は少々無理はしましたが、きちんと会社に行って仕事をこなすこともできました。

ただ、非常にだるく、声を出す仕事なのに喉が痛くしゃべるのが辛かったため、早く治したいと考えていました。

 

いつもの年であれば、のど飴をなめ続けてさえいれば、喉の痛みが和らいで2,3日程度で症状が改善していました。

f:id:Takazin:20180313234828j:plain

 

去年症状が出た時は、少し様子を見ながら働いていましたが、休日になっても良くならなかったため、安静にしていようと思いました。

 

ただ、病院に行くまでもないと思っていたので、のど飴を購入して、いつもの年と同様にのど飴を食べて治そうと考えていました。

しかし、のど飴を3つくらい食べた後、お腹がゴロゴロして、急にトイレに行きたくなりました。

その時は、ひどい下痢でした。

この日は「よっぽど体調が悪いんだな」と考えて、一日中安静にしていました。

 

そして翌日、この日も休日でしたが、下痢も治まり体調も少し良くなったため、買い物に出かけようと考えました。

しかし、まだ若干喉が痛いため、念を入れてこの日も、のど飴を食べました。

すると、2つほど食べた時に、また腹がゴロゴロしました。

トイレに行って、戻った後、さすがにこれはおかしいと思い、のど飴と下痢はなにか関係があるのか調べたところ、大いに関係があって驚愕しました。

一昨年までは、こんなことがなく、喉が痛い時は、のど飴をバリバリ食べて治していましたが、突然このような症状が出て、自分自身も驚いてしまいました。

 

原因は人工甘味料らしい

のど飴と下痢の因果関係を調べていくと、どうも人工甘味料が原因であるらしいということがわかりました。

人工甘味料として有名なのはキシリトールで、これは一度は聞いたことのある名前だと思います。

他にも、アスパルテームソルビトールスクラロースなど耳慣れないものが存在しました。

 

そして、これらの人工甘味料は、砂糖の数百倍の甘さがあるため、飴やガム、お菓子、清涼飲料水などに使われているようです。

これらの人工甘味料が、下痢を引き起こす原因になっているようです。

f:id:Takazin:20180313234219j:plain

 

実際に私が食べたのど飴にも、上に挙げた複数の人工甘味料が入っていました。

ただ、複数の人工甘味料の全てが下痢の原因になっているのか、それとも特定のものが下痢の原因になっているかまではわかりません。

突然このような現象が起こったことを考えると、全部に反応したとは考えにくいのですが、あの辛さは二度と体験したくはないので、調べる勇気はありません。

 

結びに

今までは、いくらのど飴を食べても下痢することがなかったのですが、突然の出来事にびっくりしてしまいました。

喉が痛くて体調が悪い時でも、のど飴をたくさん食べることで症状が改善していったのですが、まさかこのようなことになってしまうとは・・・

 

さらに、普段の不摂生な生活で、腸内環境も悪くなっていったと思われます。

このことも下痢を引き起こした原因かもしれません。

今後は、人工甘味料に気をつけていき、たまには腸にもいい食事をすることを心がけたいと考えています。

 

そういえば、以前このブログでカシューナッツのアレルギーに関することを書きました。

今回の件と同じように、突発的に発生した体調に関することなのですが、今まで何ともなかったことが突然起きてしまうという現象は、とても恐ろしいことだと痛感しました。