北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

ニンニク臭がハンパないカップやきそば 「ペヤング 塩ガーリックやきそば」

数日前にドンキホーテ狸小路店に売っていた、ペヤング 塩ガーリックやきそば」を食べました。

この「ペヤング 塩ガーリックやきそば」が、新しく販売されたのは2月上旬で、発売されてから数日前までいろいろと探していましたが、見つけることができませんでした。

ところが最近、やっとドンキホーテで見つけ、購入することができました。

f:id:Takazin:20180319225541j:plain

  

ニンニクが大好きなオイラにとって、なかなか楽しみな商品です。

先日、この塩ガーリックやきそばを食べたのて、味などについてまとめていこうと思います。

 

まずは作ってみる

包装を開けてみると、今回の塩ガーリックやきそばは、かやくとソースの2つの袋が入っていました。

f:id:Takazin:20180319230339j:plain

 

まずは、かやくのみを入れてお湯を注ぎます。

今回のかやくの中身は、キャベツ、フライドガーリック、豚肉の3つの食材が入っていました。

f:id:Takazin:20180319230905j:plain

 

他のぺヤング同様、3分後にお湯を切って、ソースを入れて、よく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180319231244j:plain

f:id:Takazin:20180319231305j:plain

 

出来上がりを食べてみる 

出来上がりを、さっそくいただいてみます。まず一口食べてみると、ニンニクの味はしっかり確認できるのですが、あまり塩味が感じられません。

むしろ、ニンニクの味しかしないように感じました。

確かに、ニンニクの存在感がたっぷりあって、この点はいいのですが、もう少し塩味と上手く混ざり合ったような味の方がいいと、私は感じました。

さらに、もう少し油っぽい方がいい気もします。

 

そういえば、今はもう売っていないのですが、2年ほど前に「ぺヤング にんにくMAXやきそば」というものが存在してました。

f:id:Takazin:20180320204929j:plain

 

この「ぺヤング にんにくMAXやきそば」は、ソースがまるで、すりおろしたニンニクそのもので、かなりインパクトがあった商品でした。

ちなみに、コレを食べた後に人混みの中を歩くと、異臭騒動が起こるのでは?と思わせるくらい、ニンニク臭が強烈でした。

 

今回の「塩ガーリック」と「にんにくMAX」を比較すると。

については、「塩ガーリック」の方が食べやすい感じがしましたが、ニンニク度「にんにくMAX」の方に軍配が上がります。

ただ、先に述べたように、今回の「塩ガーリック」もニンニク臭はハンパないです。 

 

ニンニク増しにしてみる

半分くらい食べたときに、いつものように味変をしようと思いました。

少し前に、千里眼ガーリックまぜそばというカップのまぜそばを食べた時の記事を書きましたが、その時と同じように、刻みニンニクを入れてみることにしました。

f:id:Takazin:20180320214807j:plain

 

ところがなぜか、「千里眼ガーリックまぜそば」の時と同じように、そこまでニンニクがパワーアップした感じはしませんでした。

もしかしたら、元々かなりニンニクの味が強いため、刻みニンニクを入れても大して効果がないのかもしれません。

 

ただ、今回もこれだけニンニクを食べていますから、翌日はマスクをつけて勤務をしました。

ひょっとしたら、勤務中にニンニク臭が漏れていたかも知れません。(匂いに敏感な同僚達よ、ゴメンな!)

 

結びに 

今回の「ペヤング 塩ガーリックやきそば」は、決して不味くはないのですが、先にも述べた通り、私にとっては何かが足りないような味に感じました。

何となくではありますが、焦がしたニンニクのような香ばしさが加わって、油分が増せば、メチャクチャ美味しいカップ焼きそばになるのではないかと思いました。

 

ただ、私もニンニクが大好きですし、同じようにニンニクが大好きな方には、思いっきりニンニクが堪能できるのでオススメです。