北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨飯」辛さよりも旨さに感動

つい先日、何げにセブンイレブンに立ち寄った際に、いくつかの辛い食品を見つけたので、辛いものを好む私は、それらを購入しました。

今回はそのうちの一つ、セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨飯」という商品について紹介しようと思います。

 

少し前に、蒙古タンメン中本という激辛の有名なラーメン店についての記事を書きました。

その蒙古タンメン中本が監修の下、商品化されたセブンイレブンプライベートブランドです。

f:id:Takazin:20180318215822j:plain

f:id:Takazin:20180322225406j:plain

  

だだ、この商品が販売されたのは2017年の6月で、今更という感じがしますが、これが想像以上に美味しかったので、記事にまとめました。

 

さっそく作ってみる 

まずは、外のビニールの包装をはがして、フタを半分ほど開けます。

すると、乾燥した米、豆腐、キャベツ、キクラゲ、ニンジン、豚肉が入っています。

f:id:Takazin:20180322224715j:plain

 

お湯を、内側の目印のラインまで入れて、フタをして5分間待った後、フタをはがします。

f:id:Takazin:20180322225239j:plain

 

さらに、最初にフタの上についていた、辛旨オイルをかけて、よく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180322225736j:plain

f:id:Takazin:20180322225819j:plain

 

  

実際に食べてみると 

出来上がったものを、さっそくいただいてみます。

「ウマい!メチャクチャウマい!!」正直想像以上の美味しさでした。

辛味はそれほど強くなく、私にとってはピリ辛くらいの辛さでしたが、味噌の味もしっかり出ていて、バランスのいい味と辛さでした。

例えるなら、出汁がたくさん出たキムチ鍋の最後の〆に食べる「おじや」を、さらに美味しくしたものといった感じです。

 

私は、蒙古タンメン中本へは一度しか行ったことがなく、その時は「北極ラーメン」という激辛のラーメンを食べました。

ちなみに、蒙古タンメン中本の一番人気のメニューは、店名にもなっている「蒙古タンメン」らしいですが、この「蒙古タンメン中本 辛旨飯」は、きっと蒙古タンメンに似た味なんだろうと想像してしまいます。

 

辛味を増すため、あの禁断のソースで味変してみる  

この辛旨飯も半分くらい食べ終えたときに、激辛にするとどうなるのか試してみたくなりました。

そこで、そんなときはあのソースの登場です。

そう、毎度お馴染みの激辛兵器メガデスソースを入れてみることにしました。

f:id:Takazin:20180322232256j:plain

 

いつもどおり、メチャクチャ辛くなりましたが、これはウマイ!

それこそ「北極ラーメン」に似た味になりました。

激辛に変化させても、味噌などの旨みがしっかりしているため、最後までとても美味しくいただけました。

 

結びに 

何度も同じことを言っていますが、「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨飯」は、辛さはそこそこでしたが、味は本当にメチャクチャ美味しかったです。

よっぽど、辛いものが苦手でなければ、問題なく食べることができるレベルだと思います。

激辛のような辛すぎるものは苦手だが、辛い食べ物が好きだという方は、一度食べてみるとあまりの美味しさにビックリすると思います。