北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

人気店あらとんの姉妹店 「あらとんブッチャー」はネーミングも味もインパクト大

※2018年7月12日追記

こちらの店舗は、2018年6月10日に閉店したようです。

従って、2018年7月12日現在では営業はしていません。

  

私は、よく休日などにラーメンを食べることが多いのですが、その私につけ麺の美味しさを教えてくれたのは「あらとん」というラーメン屋さんです。

それ以来、すっかりつけ麺の虜になってしまいました。

 

現在、札幌に「あらとん」は、「本店」と「北大前店」、そして「あらとんブッチャー」という姉妹店の3店舗が存在します。

「本店」と「北大前店」については、以前このブログで紹介しました。

数日前に「あらとんブッチャー」に行って来たので、今回はこちらの店舗についての感想などを、まとめていきたいと思います。

f:id:Takazin:20180324010423j:plain

 

  

この「あらとんブッチャー」は地下鉄東西線の二十四軒駅で降りて、徒歩で7、8分程度で到着します。

ちなみに、この場所は「あらとん本店」の正面となります。 

 

他の2店舗との違いは? 

この「あらとんブッチャー」は、他の2店舗とスープの味が大きく異なっています。

他の2店では、いわゆる醤油や味噌といったラーメン店定番のスープなのですが、この「ブッチャー」は、スープは非常に独特です。

 

この店のメニューは、ラーメンとつけ麺があって、そのスープは黒、白、赤とそれぞれ3種類ずつ存在します。

各スープの特徴は、黒が黒胡椒の効いたパンチのある味わいで、白はニンニクの香りの強いスープで、赤はエビ油を使用したスープとなっています。

f:id:Takazin:20180324172341j:plain

 

また、他の2店よりもトンコツの存在感が強く、味が濃いような感じがします。

さらに、他の2店では一般的なチャーシュー(このチャーシューもかなり美味しいです)なのに対し、こちらの「ブッチャー」は角豚と呼ばれる豚の角煮(これが超ウマイ!)を使用いているところも異なっています。

 

今回は角豚100gの黒つけ麺を食す 

今回はつけ麺を注文しました。そして、スープは3つの中で一番人気の黒を選択しました。

このあらとんブッチャーも、他の2店舗と同様に食券を購入するスタイルになっていて、麺の量は並と大盛で同料金となっています。

 

この日は、お腹が空いていたので、ちょっと欲張って角豚の量を100gにしました。

麺の量はもちろん大盛で、そして「あつもり」にすることを伝えて、店員に食券を渡しました。

f:id:Takazin:20180324171922j:plain

 

そして、待つこと10分程度で、角豚つけ麺100g黒のあつもり(1,030円)が完成しました。

f:id:Takazin:20180327015626j:plain

 

相変わらず、真っ黒なスープがインパクトあります。

久々でしたが、さっそく食べてみると、やっぱりメチャクチャ美味い!

あらとんと比較すると、スープがかなり濃厚です。そして黒胡椒のピリリとした刺激があって、かなりスパイシーです。

この黒胡椒のスパイシーさが、味にメリハリをつけて、一度食べれば病みつきになります。

他の白や赤のスープもそうですが、この「あらとんブッチャー」のスープは、他店では味わえない独特なものとなっていて、パンチも効いていて、しかもかなりの中毒性があります。

ちなみに、スープの中には、キクラゲ、挽肉、わけぎ(でしょうか?)が入っています。

 

そして、具材も海苔に味玉、さらに角豚がトッピングされていますが、特に角豚は炙られているため、外はカリカリ、中はジューシーでとても美味しいです。

この最高に美味しい角豚を、濃厚なスープにくぐらせて食べれば、それはもう絶品です。

f:id:Takazin:20180327022509j:plain

 

久しぶりということもあって、あまりに美味しく感じ、一気に食べ進めるも、途中で味変をしようと思いました。

テーブルに目を向けると、七味唐辛子ならぬ八味辛唐辛子なるものが、これを麺にふりかけていただいてみます。

f:id:Takazin:20180327022405j:plain

f:id:Takazin:20180327022427j:plain

 

この唐辛子を入れると、さらに味がピリッと締まります。

そして全部食べたあとは、もちろんスープ割をいただきます。

f:id:Takazin:20180327022626j:plain

 

スープ割りは、一気に魚介の味が強くなるように感じますが、これがまたクセになる味わいです。

途中で、八味辛唐辛子を入れて、辛味をアップさせながら、スープ割りも美味しくいただきました。

 

結びに

この「あらとんブッチャー」のラーメンは「あらとん」とは一味違ったラーメンになっています。

土・日曜などは「あらとん本店」がものすごい行列が出来ていることがありますが、そんなときは、向かいにある「あらとんブッチャー」に行ってみるのも手だと思います。

 

ただ、こちらの店の欠点をあえて挙げるとすれば、それは、早い時間のうちに店が閉まってしまうことがあるということです。

おそらく、早い時間にスープ切れになることがあるのでしょう。

私も、やや遅い時間に到着してしまった時に、店が閉まっていたことが何度かありました。

しかし、この店のラーメンの味は、あまりに美味しく、インパクトもある味なので、濃厚な味が好みの方はきっと満足できることでしょう。