北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

カップ麺とスキヤキの融合「カップヌードル スキヤキ ビッグ」

少し前になりますが、変わったカップヌードルを見つけたため、購入しました。

その商品名はカップヌードル スキヤキ ビッグ」という名前でした。

 

f:id:Takazin:20180411202409j:plain

f:id:Takazin:20180411202442j:plain

 

イラストを見ていると、スキヤキの絵が描かれていて、見ているだけで何となく甘いスキヤキの割り下を想像してしまいます。

一体どこまで、割り下の甘い醤油味が再現されているのか?食べるまで、非常に楽しみな商品でありました。 

さらに、この商品は温泉卵を入れると美味しいようです。

  

ただ、こちらの商品は販売されて1ヶ月くらいが経過しているようなので、特に新しさはないのですが、先日、これを食べたので、この商品についてレビューします。

 

作って、まずは普通に食べてみる 

まずは、外のビニールの包装をはがします。

この時に、後から入れる「スキヤキのたれ」はよけておいて、フタを半分ほど開けます。

すると、麺の上にネギ、卵、牛肉?(大豆タンパク加工品)が入っていました。

f:id:Takazin:20180411204154j:plain

 

お湯を入れて、フタをして3分間待ちます。

その際に、先程の「スキヤキのたれ」はフタの上で温めておきます。

3分経過後、後入れの「スキヤキのたれ」を入れて、よく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180411205117j:plain

 

出来上がったものを、さっそくいただいてみます。

「おっ!なかなかスキヤキ感が出ているなぁ~」雰囲気はいい感じでした。

想像通り、あのスキヤキの割り下のような甘い醤油の味がしました。

 

私は、スキヤキを食べたら残った割り下は捨てずに、翌日、うどんを投入して食べることがあります。

このカップヌードルは、例えるなら、その残った割り下にうどんではなく、乾燥させたラーメンを入れて食べているような感覚でした。

 

また、かやくのネギが大きめで美味しかったです。

牛肉がもう少し大きく、量ももう少し多ければ、なお良かったと思うのですが、それはコスト的に難しいのでしょう。

トータルとしては、なかなか美味しく、今までにない味のカップ麺でした。

 

生卵を加えてみる  

普通に半分ほど食べた後、この商品が推奨している食べ方の温泉卵を入れる方法を試そうと思いましたが、温泉卵は今回用意していません。

温泉卵は生卵でも代用出来そうだと思ったため、今回は生卵を投入してみました。

f:id:Takazin:20180411210853j:plain

 

これを適当に混ぜて食べてみます。

f:id:Takazin:20180411211004j:plain

 

「うおお~!ウマイ!」さらにスキヤキ感がアップした感じです。

卵がなくてもそこそこ美味しかったのですが、卵を入れると格段に美味しくなりました。

さらに旨みが増して、食べやすくなった感じがしました。

より本物のスキヤキを食べているかのような味になりました。

 

 

生卵でここまで美味しくなるいのだったら、推奨してる温泉卵はもっと美味しくなったのでしょうか?

温泉卵は試していませんが、生卵を入れて食べることも、かなりオススメです。

 

結びに 

この「カップヌードル スキヤキ ビッグ」は、普通に食べてもそこそこ美味しかったのですが、生卵を投入することで、格段に美味しくなったことに驚きました。

もし、このカップヌードルを食べることがあるなら、温泉卵もしくは生卵を入れた方が、絶対に美味しくなるので、必ず用意した方がいいでしょう。