北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

まさに新感覚のコカ・コーラ「コカ・コーラ フローズン レモン」を飲んでみた

少し前に、シャーベット感覚で食べる(飲む)コカ・コーラが新しく発売されるという情報を得ました。

その、新商品はコカ・コーラ フローズン レモン」という名前でした。

一体どのような味がするのか、発売前から非常に興味がありました。

 

この製品は、4月16日が発売日とのことだったので、16日以降、仕事帰りなどにいろんなコンビニなどを見て回りましたが、見つけることはできませんでした。

しかし、一昨日ついに見つけることが出来ました。

f:id:Takazin:20180419234645j:plain

f:id:Takazin:20180419235613j:plain

  

購入して数時間後にこれを飲んでみたので、今回は、この斬新なコカ・コーラについてレビューしたいと思います。

   

凍らせた後は揉んでやわらかくしてから飲む

一昨日購入したときは、会社近くのコンビニのアイスのコーナーで見つけました。

即購入を考えましたが「これだと帰宅するまでに溶けてしまうのでは?」と思ってしまいました。

しかし、パウチの裏側に作り方?(食べ方?)が書いてあって、これを見てみると、最初のステップで凍らせると書いてあったため、溶けたとしても、また凍らせればいいということがわかりました。

f:id:Takazin:20180419235730j:plain

 

ということで、即購入して、帰宅後に冷蔵庫の冷凍室に入れました。

 

先の作り方によれば、完全に凍らせた後は常温で15分~20分程度放置して、その後、揉んでやわらかくしてから飲むようでした。

凍らせた後は、当然カチカチだったので「本当にこれがやわらかくなるのかな?」と不安に思いました。

説明通りに、15分程度おいてからパウチを揉んでみると、意外と簡単にやわらかくなっていきました。

 

この「コカ・コーラ フローズン レモン」について調べてみると、構想から8年かかって、今回やっと発売されたようです。

発売までこれだけの時間がかかった一番の問題点は、凍らせた際にカチカチに凍ってしまい、シャーベットのような滑らかな食感を出すのに非常に苦労したということらしいです。

 

実際に飲んでみたら・・・ 

しばらく揉んでいると、かなりやわらかくなったので、ここでキャップを開けていよいよ飲んでみようと思いました。

ただ、その前に、中身はどうなっているのか見てみたいと思いました。

ちょうど小さいガラスのおちょこがあったので、これに少量の中身を出してみました。

f:id:Takazin:20180420005130j:plain

f:id:Takazin:20180420002845j:plain

 

見た目はかなり滑らかな感じがしました。

よく見ると、小さな気泡が発生していたので、炭酸も含まれているのかな?と思いましたが、調べると炭酸は入っていないようです。

 

目での確認が終わったため、実際に飲んでみると

「爽快でウマイ!」と思いました。

炭酸が無いものの、味はよく冷えたコーラそのもので、その冷たさ故に喉元を通過するときの爽快感がたまりません。

そして、ほのかに香るレモンの風味がより爽快感をアップさせています。

また、シャリシャリとした滑らかな食感も心地いいです。

シャーベットのような滑らかな食感を出すという問題点は、見事にクリアされていました。

 

結びに

このコカ・コーラ フローズン レモン」は、想像以上に良くできていて、なおかつ爽快でした。

正直飲む前は、凍らせたコーラは味が薄くなってしまうのでは?と思っていました。

しかしそんな心配はなく、むしろ、キンキンに冷えたコカ・コーラそのものでした。

ただ、パウチを揉み続けていると、手がすぐに冷たくなって痛いため、これは少々辛かったです。 

 

北海道はまだ肌寒い日が多いのですが、もっと暖かくなると、さらに美味しく感じると思います。

この「コカ・コーラ フローズン レモン」は、かなりヒットするのではないかと予感させるくらい、クオリティーが高い製品となっています。