北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

北海道限定!2つの「ナポリンサワー」を飲み比べてみた

仕事がある日の帰りは、ほぼ毎日近所のスーパーに寄って、新ジャンルビールなどのアルコール飲料を買っています。

そして、2週間くらい前になるのですが、面白い商品が販売されていました。

それは、北海道民ならほとんどの人が知っている(と思われる)炭酸飲料「リボン ナポリン」のサワーでした。

そのサワーは2種類販売されていました。

今回、この2つを飲み比べてみて、味の違いなどについて書いていこうと思います。

  

2つのナポリンサワー

先に述べたように、今回見つけた「ナポリンサワー」は2種類ありました。

まず一つ目は「サッポロ ナポリンサワー」という商品でした。

f:id:Takazin:20180422012357j:plain

 

この「サッポロ ナポリンサワー」は、2017年4月25日に新しく販売されたようです。

そういえば、酒の販売コーナーに立ち寄った際に、何度かこの商品を見たような気がしました。

 

そして、もう一つは「サッポロ ナポリンクラシックサワー」という商品でした。

f:id:Takazin:20180422012840j:plain

 

こちらの「サッポロ ナポリンクラシックサワー」は、2018年3月20に数量限定で販売されたようです。

 

ちなみに、2017年5月23日に「リボン ナポリン クラシック」という清涼飲料水が販売されました。

これは、現在の「リボン ナポリン」の前身の「ナポリン」が1911年5月23日に販売された当時の味を再現して作られた炭酸飲料水です。

そして今回、この「リボン ナポリン クラシック」をサワーにした「サッポロ ナポリンクラシックサワー」が販売されたようです。

 

「リボンナポリン」の雑学

「リボン ナポリン」について調べてみると、いろいろ面白いことがわかりました。

まず、先にも述べたようにナポリン」が販売されたのは5月23日ですが、この日は「リボン ナポリンの日」と呼ばれているようです。

 

そして、その当時の「ナポリンには、ブラッドオレンジ果汁が使われていたといわれています。

現在の「リボン ナポリン」には、ブラッドオレンジ果汁が使われていません。

こんな大昔(100年以上前ですよ!)にブラッドオレンジ果汁が使われていたなんて、当時としてはハイカラな感じがします。

 

そして最も驚いたことが、かつては「リボン ナポリン」のあの鮮やかなオレンジ色を出すための着色料は、虫が原料となっていたということです。

「え~!マジっすか!!」

これには、さすがにビックリしました。

 

これについてもう少し調べてみると、この色素はコチニール色素」と呼ばれるもので、これはコチニールカイガラムシという虫から抽出して製造されています。

この「コチニール色素」は、現在でも、様々な清涼飲料水や食品に使われているようです。

 

しかし、2017年の3月27日に「リボン ナポリン」のリニューアルが行われた時に、着色料はとうがらしの果実から抽出される「パプリカ色素」が使われるようになったようです。

 

2つのサワーを飲み比べてみる 

今回は、せっかくなので2つ同時に飲んでみて、味などの比較を行ってみたいと思います。

f:id:Takazin:20180422204517j:plain

 

この2つのサワー、どちらもアルコール度数は5%となっています。

2つのサワーをグラスに、グラスに注いでみます。

f:id:Takazin:20180422210021j:plain

 

 見た目の色は、どちらも同じようなクリアオレンジでした。

 

そして、まずは「サッポロ ナポリンサワー」の方を一口飲んでみました。

f:id:Takazin:20180422210402j:plain

 

これは、よく飲んでいる「リボン ナポリン」に、そのまま焼酎が加わった味になっていていました。

ここで、感じたことはアルコール度数が5%というのが絶妙だと思いました。

おそらく、これ以上アルコール分を増やすと、焼酎臭さが増して「リボン ナポリン」の風味が損なわれる感じがするし、逆に減らすと、アルコールが入っていないように感じてしまうのではないかと思います。

本当に「ナポリン サワー」としてちょうどいいアルコール度数ではないかと思いました。

 

続いて「サッポロ ナポリンクラシックサワー」の方も一口飲んでみました。

f:id:Takazin:20180422211411j:plain

 

こちらの方は、確かにブラッドオレンジの味がして、よく飲んでいる「リボン ナポリン」とは違う味がしました。

こちらも、5%がちょうどいいアルコール度数だと思いました。

 

ここで、味わいながら交互に飲み比べて思ったことは、甘さはどちらも同じくらいだと思いました。

決定的な違いは、やはりブラッドオレンジが入っているか、入っていないかの差だと思います。

 

「サッポロ ナポリンクラシックサワー」の方が、オレンジ感が強く濃い味に感じ、他方の「サッポロ ナポリンサワー」の方はサッパリしている感じがしました。

 

結びに

「サッポロ ナポリンサワー」および「サッポロ ナポリンクラシックサワー」は、サワーとしてはなかなか飲みやすく、「リボン ナポリン」の味もしっかり出ていて美味しかったです。

 

ちなみに「サッポロ ナポリンサワー」の方は、以前このブログで紹介した、居酒屋の「惠美須商店」にもドリンクのメニューとして存在していました。

もしかしたら、他の居酒屋でもドリンクメニューにあるかもしれません。

  

そして、特に「サッポロ ナポリンクラシックサワー」の方は、数量限定らしいので、興味のある方は、スーパーなどで見つけたら、早目に購入することをオススメします。