北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

100年以上の歴史を持つ爽やかなキレ味の「アサヒ生ビール」

数日前にの会社帰りにいつものように、スーパーの酒の販売コーナーに立ち寄ってみたところ、新発売のビール期間限定で販売されていました。

その商品名は「アサヒ生ビール」というものでした。

f:id:Takazin:20180523231023j:plain

 

ちなみに、こちらのビールの発売日は5月15日のようで、どうやら7月末までの販売を予定しているようです。

新発売の割には、商品名が「アサヒ生ビール」だったので、「ずいぶんシンプルな名前だな~」と思いました。

  

しかし、ここ最近ビールや新ジャンルの新商品を次々と発売しているアサヒビールの新作とあって、なかなか期待ができます。

果たして、今回の「アサヒ生ビール」の味はいかほどに・・・。

 

実は100年以上の歴史を持つビールだった

今回販売された、この「アサヒ生ビール」を調べてみると、実はすでに一部の限られた店舗で、業務用の樽生ビールとして販売されているようです。

今まで一部の店舗にのみ販売されていた樽生ビールを、今年の3月20日から全国での発売を開始したようです。

そして、今回この樽生ビールを缶製品にしたものが、5月15日から発売されるに至ったらしいです。

 

さらに、この「アサヒ生ビール」はアサヒビールの前身となる大阪麦酒社が、1900年(明治33年)に発売したビールをルーツとしているようです。

このルーツとなっているビールは、当時では珍しい熱処理を施さない製法で作られていました。

その後改良などが重ねられて、この度、100年以上経過した現在で、新商品として全国に樽と缶で発売されるようになったようです。 

こういったことが背景にあるので、この「アサヒ生ビール」のラベルに「100年のこだわり」などと書かれています。

 

実際に飲んでみたら・・・

今回の「アサヒ生ビール」のアルコール分は4.5%となっていて、他のビールなどと比べると、アルコール分は低めになっていました。

また、缶には深いコクと爽やかなキレが楽しめると書いてありまが、果たして・・・。

さっそく、グラスに注いで飲んでみます。

f:id:Takazin:20180524144536j:plain

 

「ん~、かなりキレがあってさっぱりしている!」

確かにコクもありますが、かなりキレのある感じがしました。

また、アルコール分も低いためか、以前このブログで紹介した、同じアサヒビールから販売されている「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」と同じように、ライトな感じがして、かなり飲みやすいと思いました。

 

私の個人的な感想ですが、もう少しアルコール分を高くして、ややガツンとくるような感じの方がよかったかな?と思いました。

 

ただ、今回の「アサヒ生ビール」は、キレ味が際立っていて、何となくアサヒビールの特徴が出ているような感じがしました。

今回の商品も、非常に飲みやすいため、スイスイと飲めてしまうビールとなっていました。

 

結びに

この「アサヒ生ビール」スッキリ、サッパリしていて、それほど苦味も強く感じませんでした。

また、アルコール分も低いため、他のビールと比べて、アルコールがガツンと感じられるタイプではなく、かなり飲みやすくなっています。

アルコール分が高くなく、軽い飲み口のビールが好きな方にオススメしたいビールです。