北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

クセになる激辛カップ麺「サッポロ一番 地獄の坦坦麺 護摩龍 阿修羅」

大分前になりますが、コンビニで辛そうなカップ麺を見つけました。

その商品は、下の写真のサッポロ一番 地獄の坦坦麺 護摩龍 阿修羅」というものです。

f:id:Takazin:20180528215157j:plain

 

辛いものに目がない私は、即購入しました。

ドクロのイラストまであって、なかなか辛そうな感じがして、食べるのが楽しみな商品でした。

  

ちなみに、この商品は東京の大久保に実在する、坦坦麺の専門店「地獄の坦坦麺 護摩龍(ごまりゅう)という店の坦坦麺を、カップ麺で再現しているようです。

さらに、この商品のフタをみてみると、辛さ的にはミドルステージの阿修羅実際の店舗では、15辛に相当するらしい)となっていました。

どうせなら、一番辛いMAXステージの無限を再現したものも販売して欲しかった。

 

また、この発売日は4月23日で、実はすでに1ヶ月以上経過しています。

発売日からかなり時間が経過しましたが、先日、このとても辛そうなカップ麺を食べたので、その感想などについてまとめていこうと思います。

 

開封して、作ってみる 

ビニールの包装を開けて、さらにフタを半分ほど開けて中身を確認してみると、今回紹介する商品は、かやく、あといれ特製スープ、あといれ液体スープ3つが入っていていました。

f:id:Takazin:20180528222007j:plain

 

まずは、かやくを入れます。

このかやくの中身は、乾燥させた肉、ねぎ、唐辛子でした。

そしては、下の写真のからもわかるように、ガッチガチに乾燥させたタイプのものでした。

f:id:Takazin:20180528224710j:plain

 

次に、お湯を目印の線まで入れます。

この商品の待ち時間は5分となっています。

5分経過後に、あといれ特製スープとあといれ液体スープを入れて、全体を混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180528225329j:plain

f:id:Takazin:20180528225407j:plain

 

出来上がりは、なかなか辛そうな素敵な色をしていました。 

 

実際に食べてみると・・・

「おおっ!なかなかの辛さだ!」

しかも、単に辛いだけでなくとても美味しいと思いました。

それにしても、最近発売された激辛系のカップ麺、カップ焼きそばは、辛いだけでなく、味も本当に美味しいものばかりです。

 

今回の商品のスープは、みそ、ねりごま、ポークエキス、花椒などが原料のようですが、みそとねりごまのコクのとてもいい味で、特に花椒のピリリとした感じがいいアクセントとなっていました。

辛さも、カップ麺の中ではかなり辛い部類に入ると思われ、私好みの辛くて美味しいスープでした。

 

そして、この商品ももっと辛くしてみたいと思い、例の激辛ソースを入れてみたくなりました。

 

メガデスソースで辛さアップ

残り3分の1程度になったときに、いつものように味変をしようと思いました。

思いっきり辛くしてみたいと思ったため、毎度のことですが、少し入れただけですぐに激辛にすることができるメガデスソースを入れてみました。

f:id:Takazin:20180528231659j:plain

f:id:Takazin:20180528231724j:plain

 

これをよく混ぜて食べてみると、わかりきったことですが、メチャクチャ辛くなりました。

「うほ~!辛すぎる!」

いつもそうですが、むせかえるような辛さが襲ってきます。

しかも今回は、それほど味を劣化させることはなく、超激辛で美味しい坦坦麺に変化させることができました。

 

結びに 

今回のサッポロ一番 地獄の坦坦麺 護摩龍 阿修羅」は、激辛系のカップ麺の中では、十分に辛い部類に入ると思います。

あまり辛さに強くない人にはキビシイかもしれませんが、辛いだけでなく、味もしっかりしているため、辛さに強い方にはオススメしたい一品です。

 

私個人の願望ですが、今後、ステージMAXの無限を再現したものが商品化されればいいなと思っています。