北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

珍しい部位のモツが食べれる、ススキノの隠れ家的居酒屋 「ごんべゑ」

数年前に、会社の同僚から、ちょっと変わったものを食べることができる店があると聞きました。

その店は「ごんべゑ」という名前の居酒屋でした。

教えてもらった数年前に、その「ごんべゑ」に行ってみたところ、料理の美味しさ、居心地の良さがすっかり気に入ってしまいました。  

f:id:Takazin:20180530131951j:plain

 

上の写真が「ごんべゑ」の外観ですが、実は看板が出ていません。京城屋という黄色い看板がありますが、これは別の店です)

ゆえに、何も調べずに、いきなりこちらの店に行こうとしても、見つけることはできないのではないかと思われます。

実際、数年前に先の同僚と初めて来たときも、スマホで地図と外観の写真を参考にしてようやく見つけることができたくらいです。

  

そして、数日前のことですが、実家にいる弟が、出張で札幌に来ていたので、2人でこの「ごんべゑ」に行ってきました。

今回は、この居酒屋「ごんべゑ」について、いろいろと書いていきたいと思います。

 

居酒屋「ごんべゑ」とは 

この「ごんべゑ」の所在地は、札幌市中央区南四条西1丁目6-1となっていて、地下鉄南北線すすきの駅や、東豊線豊水すすきの駅から、徒歩5分程度のところにあります。

営業時間は、日曜日が18時~0時、月曜が定休、火~木は18時~1時までとなっていますが、金、土、祝日前は18時~3時までと、かなり遅い時間まで営業しているようです。

 

こちらの店の入口は下の写真のような感じですが、中は意外と広くなっています。

f:id:Takazin:20180530140742j:plain

 

ただ店が開くと、あっという間に客でいっぱいになります。

おそらく、そのほとんどが常連さんだと思われます。

そして、皆さん予約していると思われます。

 

私は、これまで3回、この「ごんべゑ」に行ったことがありますが、全て予約してから行きました。

予約しないで行っても、入れないことが多いと思われるからです。

 

数年前に一度予約しないで19時頃に行ったのですが、満席で入れず、別のところで飲んだ後の22時頃に行っても、満席のままだったということがありました。

平日、土休日に関係なく、いつもすぐに満席になっていましたので、こちらで飲もうと考えているのであれば、予約は必須です。

 

さらに、こちらの店ではいろいろな珍しい部位のモツ(内臓肉)を食べることが出来ます。

このような店の特徴が、おそらく口コミで広がっていき、常連が増えていって、この店が人気店となったのではないかと思います。

 

いろいろと食べてみた 

まずは、ビールで乾杯して、お通しのキャベツをつまみながら、注文を考えます。

f:id:Takazin:20180530142953j:plain

f:id:Takazin:20180530143018j:plain

 

まずは、ハチノス刺し、上サガリ刺し、モツ唐揚げを注文しました。

f:id:Takazin:20180530143348j:plain

f:id:Takazin:20180530143419j:plain

f:id:Takazin:20180530143457j:plain

 

まずは、ハチノス刺しからいただいてみます。

ちなみに、ハチノスは牛の第二胃の部分で、蜂の巣のような形状から、このように呼ばれています。

こちらの店のハチノス刺しは、塩、ポン酢、辛醤油の中から味を選びますが、今回はポン酢でいただくことにしました。

ポン酢なので、さっぱりした味付けでしたが、ハチノス自体にそれほどクセは感じられませんでした。

 

続いて上サガリ刺しですが、これは文句なくとても美味しかったです。

ほとんど表面しか炙っていないような感じで、まるでレア状態の新鮮なステーキのようでした。

 

モツ唐揚げも美味しかったのですが、こちらは脂分がものすごく多く、噛んだ瞬間脂がジュワっと口の中に溢れるような感じでした。

 

ビールをおかわりしながら、さらに、料理を追加します。

仔袋刺し、牛モツ煮込みを注文しました。

f:id:Takazin:20180530145306j:plain

f:id:Takazin:20180530145345j:plain

 

仔袋刺しは、塩、ポン酢、辛醤油の中から味を選びますが、今回は塩味にしました。

食感はコリコリしていて、いい塩加減で、とても美味しい珍味といった感じです。

ちなみに、仔袋はどの部位のモツ(内臓肉)なのか気になったので、調べてみると、牛や豚の子宮部分のようです。

 

また、牛モツ煮込みの方は、具沢山でボリュームもありました。

驚いたことに、こちらのモツ煮込みには、数種類のモツが使用されていました。

よく煮込まれていて、こちらも味はもちろん美味しかったです。

 

ここまでかなり飲み喰いし、いい感じでお腹も満たされてきましたが、最後のメニューを追加していきます。

私はこの店に来たら、絶品レバテキというメニューを注文することにしています。

今回も、最後にこの絶品レバテキを注文し、さらに〆に油そばを注文しました。

f:id:Takazin:20180530233117j:plain

f:id:Takazin:20180530233157j:plain

 

絶品レバテキですが、これは本当に美味しい、変な臭さがなく、食感もボソボソした感じがなくて、瑞々しくとてもジューシでした。

 

私は、本当はレバーは苦手なのですが、居酒屋などで食べる新鮮なものであれば大丈夫です。

特にこちらの店のレバーは、今まで食べたレバーの中でも、最も美味しいと感じます。

 

そして油そば、これは味が濃すぎず薄すぎずちょうど良くて、飲んだあとの〆にふさわしい一品です。

やや太い麺を使用していて、食べごたえもあり、太麺が好みな私にとって、非常に満足できる一品でした。

たくさん食べれる人であれば、最後の〆として、この油そばを注文することをオススメします。

 

結びに 

この「ごんべゑ」は、まだ数回しか来たことがないため、まだまだ食べてみたいメニューがあるのですが、今後も機会を作って通い続け、いろんなメニューを食べてみようと思います。

 

この記事の途中でも述べましたが、もし、こちらの店に行ってみたいという方がいましたら、絶対に予約を入れてから行くべきです。

私が、行った時はいつも開店直後の時間帯なのですが、アッという間に満席になります。

おそらく、他の客も予約してきていると思われ、予約しないと入れない確率が高いと思われます。

居酒屋 ごんべゑ
 
[住所]北海道札幌市中央区南4条西1丁目6-1-右
posted with タベレバ