北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

沖縄そばを再現したカップ麺「スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」

前回「スーパーカップ 沖縄 大盛りチャンプルー風焼そば」という、新発売のカップ焼きそばのことについて書きました。

実は、そのカップ焼きそばと同時に、沖縄そばを再現したカップ麺も発売されていたので、先のカップ焼きそばと同時に購入しました。

それは、下の写真にある「スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」という名前の商品です。 

f:id:Takazin:20180531232947j:plain

f:id:Takazin:20180531233011j:plain

  

この商品の発売日は、当然「スーパーカップ 沖縄 大盛りチャンプルー風焼そば」と同じ5月14日でした。

 

ちょうど2週間ほど経過しましたが、先日、このカップ麺を食べたので、その感想などについてまとめていこうと思います。

 

コーレーグースとは?

この商品のパッケージを見てみると、コーレーグース風特製調味料つきと書かれてました。

このコーレーグースって一体何なのか、気になったため調べてみると、島唐辛子泡盛に漬け込んだ沖縄の調味料らしいです。

 

そういえば、以前、沖縄料理の居酒屋に行った時に、確かに島唐辛子泡盛に漬けた調味料がありました。

あれが、コーレーグースという名前だったとは、一つ勉強になりました。

 

この沖縄料理の居酒屋でコーレーグースを知ったのですが、この調味料は、どんな料理にかけても料理が引き立つ万能調味料といった感じでした。

そして、ピリリと心地よい辛さもあるため、その居酒屋では、私はいろんなものにかけて食べました。

この、沖縄料理の居酒屋については、次回行った時に、このブログで紹介したいと考えています。

 

ちなみに、今回の「スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」の特製調味料には、実際の泡盛は使用されていないようです。

  

中身を確認して作ってみる

まずは、包装を開けて、フタを半分ほどはがして、中身を確認してみます。 

中には、粉末スープ、かやく、特製調味料3つが入っていました。

f:id:Takazin:20180531234353j:plain

 

まずは、かやく、粉末スープを入れて、お湯を注ぎます。

ちなみに、かやくの中身味付豚肉、かまぼこ、卵、ねぎが入っていました。

前回の「スーパーカップ 沖縄 大盛りチャンプルー風焼そば」と比べると、具材がたくさん入っているように感じて、かなり期待が持てます。

f:id:Takazin:20180601000621j:plain

f:id:Takazin:20180601000705j:plain

 

こちらの商品は、上の写真のように麺が太いため、お湯を入れてからの待ち時間は5分となっています。

5分経過後にフタを全部はがして、特性調味料(例のコーレーグース)を入れてよく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180601001255j:plain

f:id:Takazin:20180601001327j:plain

 

「スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」を食べてみる

出来上がりをさっそくいただいてみます。

まずは、スープを一口飲んでみると、鰹ダシがよく効いていました。

先に述べた、以前行ったことのある沖縄料理の居酒屋で、沖縄そばを食べたことがありますが、スープの味はよく似ていて、よく再現できていると思いました。

そして、コーレーグース風の調味料が入っているせいか、ピリッとしていて、やや変わった味がしたのですが、クセになるような美味しい不思議なスープの味でした。

「ウン!旨い!」

 

一方、麺の方はやや太いのですが、滑らかな食感で、スープとの相性もいいと思いました。

さらに、いろんな具材も入っていたため、量が多いのにも関わらず、最後まで飽きが来ることなく、美味しく食べることができました。

 

食べ進めていると、もう少しピリッとさせたいと思いました。

得意のデスソースを入れようか考えましたが、せっかくの鰹ダシが台無しになるかもしれないと思ったので、今回は一味唐辛子を入れてみることにしました。

一味唐辛子を入れた方が、さらにピリッとなって、より私好みの味になりました。

 

結びに 

この「スーパーカップ1.5倍 沖縄 島そば」は、美味しく、食べやすいと思いました。

特にスープの味が、鰹ダシがよく効いてて、本物の沖縄そばをよく再現できていると思います。

また、量も多く、食べごたえのある一品でした。