北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

タイカレー味の変わったカップうどん「赤いカレーうどん タイ風」

3日ほど前に、会社帰りにいつものスーパーで買い物をしていると、面白そうな商品が新しく発売されていました。

その新商品は、東洋水産株式会社から発売された「赤いカレーうどん タイ風」という名前のカップうどんでした。 

f:id:Takazin:20180615230516j:plain

 

ただのカレーうどんであれば、それほど興味を持たなかったと思いますが、ラベルに「タイ風」とかレッドカレーをイメージ」などど書いてあったので、これには関心がありました。

  

ちなみに、この新商品の発売日6月11日となっていました。 

ちょうど一昨日、このカップ麺を食べたので、その感想などについてまとめていこうと思います。

  

中身を確認して作ってみる

まずは、包装を開けて、フタを半分ほどはがして、中身を確認してみます。 

中には、粉末スープ、特製油2つの小袋が入っていました。

f:id:Takazin:20180615231526j:plain

 

こちらの商品は、かやくと麺が一緒になっているタイプでした。

そのかやくの中身味付油揚げ、味付チキンダイスが入っていました。

この商品はうどんなので、麺は下の写真のように、平たく太いタイプのものでした。

f:id:Takazin:20180615231917j:plain

 

まずは、粉末スープを入れて、お湯を注ぎます。

ここでよく見てみると、粉末スープの中に、ねぎが入っていました。

f:id:Takazin:20180615233041j:plain

 

粉末スープを入れたら、お湯を注いでいきます。

ちなみにこの商品は、お湯を入れてからの待ち時間は5分となっています。 

5分経過後にフタを全部はがして混ぜたあとに、特性油を加えます。

特性油を加えたあとに、さらに混ぜれば完成となります。

f:id:Takazin:20180615233223j:plain

f:id:Takazin:20180615233243j:plain

 

「赤いカレーうどん タイ風」を食べてみる

出来上がりをさっそくいただいてみます。

まずは、スープを一口飲んでみます。

「ありゃ?なんか不思議な味だが悪くない、むしろウマイ!」

本当にタイ料理のような味がするスープでした。

カレーの味はもちろんしますが、強いココナッツミルクの味もしました。

変わった味なのですが、私的には、このスープが非常に美味しく感じました。

 

辛さの方は、真っ赤なスープのため、とても辛そうに見えますが、見た目とは裏腹に辛さは大したことがありませんでした。

「全然辛くないぞ!」

 

私は、レッドカレーがどのような食べ物なのかわかっていませんでした。

気になったため調べてみると、レッドカレーは、甘い唐辛子やココナッツミルクなどが使われていて、それほど辛くない食べ物だということがわかりました。

それほど辛くないことと、ココナッツミルクが使われていることを、この「赤いカレーうどん タイ風」は忠実に再現しているように思いました。

 

この「赤いカレーうどん タイ風」がとても美味しいので、一気に食べ進めますが、もう少し辛くしたものも食べてみたいと思いました。

そこで、今回も何か味変しようと思いました。

 

メガデスソースで味変する

今回の商品は、ココナッツミルクの風味が効いているため、あまり辛くすると、ココナッツミルクの良さが消えてしまうと思いました。

それほど辛くしないほうがいいだろうと考えたのですが、この商品の味変に使いたかった「サドンデスソース」というデスソースを切らしていました。

 

そこで、やむなく強烈に辛いメガデスソース」をほんの少量加えてみることにしました。

f:id:Takazin:20180616000014j:plain

 

メガデスソース」を一滴加えて混ぜて食べてみます。

たった一滴にも関わらず、かなり辛くなってしまいました。

肝心の味の方は、確かにココナッツミルクの風味は残っていますが、「メガデスソース」が強烈すぎるのか、全体的まとまりのない味になってしまい、あまり美味しくはありませんでした。

この商品は、味変しないでそのまま食べるのが正解だと思います。

 

結びに 

この「赤いカレーうどん タイ風」は、うどんとエスニック料理との意外な組み合わせで、確かに変わった味がしますが、食べやすく、そしてとても美味しいと思いました。

辛さも大したことはないため、これなら辛いものがそれほど得意でない方も大丈夫だと思います。

普通のカレーうどんとは大きく異なる味でした。