北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

ボリュームのある激辛カップ麺「俺たちのガッツ飯 爆汗 四川風麻婆油そば」

数日前になりますが、いつものように会社帰りにスーパーで買い物をしていると、またまた、辛そうなカップ麺が新しく発売されていました。

その新商品は、エースコック株式会社から発売された「俺たちのガッツ飯 爆汗(ばっかん) 四川風麻婆油そばという名前のカップ麺でした。

f:id:Takazin:20180626210246j:plain

f:id:Takazin:20180626210315j:plain

 

ちなみに、この商品の発売日は6月18日です。

さらにこの商品は、がっつり食べたい男性向けの、汁なしカップ麺シリーズ「俺たちのガッツ飯」という、エースコック新シリーズの第一弾となっているようです。

  

最初にこの商品を見たときは、いかにも辛そうに見えたのはもちろん、実際に手に取ってみるとその大きさに驚きました。

一般的に、この手の辛いカップの「油そば」や「まぜそば」は、内容量が少ないものが多いと感じていました。

ただ量が少なくても、油分が大量に含まれいて味も濃いため、それなりにカロリーはあるかと思います。

 

ところが、今回のこの商品は、明らかに大きく食べごたえがありそうでした。

実際の麺の量は120gとなっていて、少し前にこのブログで紹介した「サッポロ一番 汁なし 四川風麻婆麺」の麺の量は、調べてみると60gだったので、今回の商品がかなりのボリュームであることがわかります。

 

単に辛いだけでなく、量的にも満足できそうなこの新商品を、数日前に食べたので、食べてみた感想などをまとめていこうと思います。

  

中身を確認して作ってみる

まず包装を開けて、フタを半分ほどはがしてみると、この商品にはかやく、調味たれ、スパイス3つの袋が入っていました。

f:id:Takazin:20180626215148j:plain

 

麺は下の写真のような感じの中太麺でした。

f:id:Takazin:20180626215351j:plain

 

まず最初に、かやくのみを入れます。

ちなみにかやくには、鶏・豚味付肉そぼろ、豆腐、ねぎ、唐辛子が入っていました。

f:id:Takazin:20180626220300j:plain

 

かやくを入れたあとは、お湯を注いでいきます。

ちなみに、この商品の待ち時間は4分でした。

4分経過後にお湯をよく切って、フタを全部はがし、調味たれを入れてよくかき混ぜます。

f:id:Takazin:20180626220844j:plain

f:id:Takazin:20180626220910j:plain

 

最後にスパイスを入れて、よくかき混ぜれば完成となります。

f:id:Takazin:20180626221100j:plain

f:id:Takazin:20180626221119j:plain

 

出来上がりは、予想通り、なかなかボリュームがありました。

  

実際に食べてみると

まずは、一口食べてみます。

「おっ!なかなか辛いし、美味しい!

この商品のフタに「汁なしで味わう花椒を利かせた辛口濃厚ダレ」と書いてありますが、実際にタレの味が濃くて美味く、そしてピリリとした花椒の刺激もありました。

f:id:Takazin:20180626224705j:plain

 

ただ、実際の味は四川風の麻婆豆腐そのものの味というよりは、やや複雑な味がしました。

あくまで、私の個人的な見解ですが、何というか四川風麻婆豆腐とソース焼きそばのソースが融合して、さらに花椒の刺激が加わっているような味がしました。

やや不思議な味でしたが、これがなかなか美味しく、最後まで飽きが来ないで食べることができました。

 

一方、辛さの方は、この商品も辛いカップ麺の中ではかなり辛い部類に入ると思います。

辛いのが苦手な方には、じゅうぶん激辛に感じるレベルではないかと思います。

 

ある程度食べたところで、いつものように、もっと辛くして食べてみたいと思いました。

毎度おなじみなのですが、あのソースを使って辛さのレベルアップをしようと思いました。

 

メガデスソースでパワーアップ 

この手の辛い食べ物は、どうせならメチャクチャ辛くして食べたいといつも思ってしまいます。

そこで、あのいつもの激辛ソース、メガデスソースを入れてみます。

f:id:Takazin:20180626230744j:plain

f:id:Takazin:20180626230805j:plain

 

とりあえず、混ぜて食べてみます。

「ぶひ~!やっ、やっぱり辛~い!!」

いつもながら、格段に辛さがアップしました。

 

ただ、辛くしすぎたせいで、この商品の複雑で美味しい味はやや劣化してしまいました。

それでも、決して不味くなったわけではないので、最後まで美味しくいただくことができました。

 

結びに 

今回紹介した「俺たちのガッツ飯 爆汗 四川風麻婆油そばは、辛くて美味しいのですが、それだけでなくしっかりボリュームもあって、非常に食べごたえのある一品でした。

今まで、この手の辛いカップ「油そば」や「まぜそば」を食べて、量が少ないと感じていた人にぜひオススメしたいです。

 

そして、今回のこの商品は、汁なしカップ麺シリーズ「俺たちのガッツ飯」という、エースコック新シリーズの第一弾ということでしたが、なかなかインパクトがありました。

それにしても、エースコックはこれまでも「EDGE」シリーズなど、奇抜なカップ麺を次々と発売していて、とても驚かされます。

この新シリーズ「俺たちのガッツ飯」の量とインパクトが、なかなか素晴らしかったので、今後の第二弾、第三弾も期待してしまいます。