北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

免責同意書が必要なロッテリアの「デス辛ダンドリーチキンサンド」を食べてみた

少し前のことになりますが、7月5日ロッテリアから、辛いチキンサンドの新商品が発売されるということを知りました。

その新商品は「ダンドリーチキンサンド」というものでした。

f:id:Takazin:20180708235400j:plain

f:id:Takazin:20180708225957j:plain

 

今回、新しく発売された「ダンドリーチキンサンド」は3種類あって、辛くない順に「旨辛チーズ」、「爽辛トマト」、「辛口ダンドリー」となっていました。

ちなみに、単品での価格は「旨辛チーズ」と「爽辛トマト」が450円、「辛口ダンドリー」が390円で、いずれも税込での価格です。

f:id:Takazin:20180708234724j:plain

 

辛いものが好きな私は、当然、一番辛い「辛口ダンドリー」に興味があり、これを食べようと考えていました。

しかも、この「辛口ダンドリー」は、実はある方法でさらに辛くすることができるのでした。

その方法とは、署名をした「免責同意書」を提出することです。

f:id:Takazin:20180709214118p:plain

 

この「免責同意書」を提出すれば、値段はそのままで「辛口ダンドリーチキンサンド」に激辛ソースをトッピングすることができるのです。

そして、激辛ソースがかかったものは「デス辛ダンドリーチキンサンド」と呼ばれているようです。

 

一昨日、この辛くて美味しそうな「デス辛ダンドリーチキンサンド」を、ロッテリアの店内で食べてきたので、この新商品の味や辛さなどについてレビューしようと思います。

 

「デス辛ダンドリーチキンサンド」について

この「デス辛ダンドリーチキンサンド」ですが、実は去年の6月にも同様の企画が存在してました。

ただ、去年と今年では、チキンサンドの種類が異なっていました。

 

去年も、この「デス辛ダンドリーチキンサンド」に非常に関心があったのですが、いろいろと忙しくて、なかなか店には行けず、すぐには食べることができないでいました。

発売から2週間ほど経過してから、やっと行くことができたのですが、この時すでにソースがなくなっていて、販売終了となっていました。

札幌のいくつかの店舗を回ったのですが、どの店舗も販売終了となっていました。

去年の教訓を生かして、今年は早目に行って食べることにしました。

 

ちょうど一昨日、仕事が終わって「デス辛ダンドリーチキンサンド」を食べに行きました。

行った店は、職場から一番近い、ロッテリア 札幌オーロラタウンです。

f:id:Takazin:20180708225929j:plain

 

到着後すぐに店に入って注文しようとしますが、ここであることに気づきます。

「免責同意書を持ってきてないじゃん!」

激辛ソースのトッピングに必要な「免責同意書」は、普通、自宅などで印刷し、署名したものを持ってきて店に提出します。

何かいい方法はないか、店の前でロッテリアのホームページを確認してみると、実際の店舗でも用意してあるようでしたので、安心しました。

店員に「免責同意書」をもらって、署名して「デス辛ダンドリーチキンサンド」を注文しました。

 

注文後、店員が「辛口ダンドリーチキンサンド」と激辛ソースを持ってきました。

この時まず驚いたのは、激辛ソースの正体が、私が好んで使っていたあの「サドンデスソース」だったということです。

f:id:Takazin:20180709001917j:plain

 

さらに店員曰く、かける量を1滴~3滴までで選ぶことができるとのこと、私は迷わず「3滴で」と回答します。

すると、私が見ている前で、店員が「サドンデスソース」を「辛口ダンドリーチキンサンド」に3滴かけました。

その後、これを包装に包んだものを渡されました。

 

「デス辛ダンドリーチキンサンド」の辛さは? 

今回は「デス辛ダンドリーチキンサンド」を「ふるポテセット」(780円)というセットメニューで購入しました。

f:id:Takazin:20180709214303j:plain

f:id:Takazin:20180709214345j:plain

 

まずは、パウダーを入れて食べるタイプのフライドポテトをつまみつつ、ドリンクを味わっていきます。

ポテトをある程度食べて、いよいよメインの「デス辛ダンドリーチキンサンド」を食べてみます。

包装を開けて中の様子をチェックしてみます。

f:id:Takazin:20180709215747j:plain

f:id:Takazin:20180709215831j:plain

 

「サドンデスソース」が、なかなかいい具合にかかっていました。

 

中身を確認後、さっそくいただいてみます。

「うむ、なかなかイイ辛さだ!しかも美味しい!」

辛さは、予想よりも少し辛くて、なかなかいい感じでした。

いつも使っていた「サドンデスソース」よりも、少し辛く感じました。

 

「サドンデスソース」が予想よりも辛いと感じたのは、おそらく、このダンドリーチキン自体が、そこそこの辛さだったのではないかと思われます。

このダンドリーチキン自体、あまり甘さは感じなかったので、「サドンデスソース」と混ざると、全体としてシャープな辛さになっていました。

 

また、単に辛いだけでなく、ダンドリーチキンの美味しさもしっかりしていて、味も辛さも、なかなか良い一品でした。

ただ強いて言えば、大きさがもう少し大きければ、より良かったのになと思いました。

 

結びに 

今回の「デス辛ダンドリーチキンサンド」は、辛さがしっかり感じられました。

激辛好きの方であれば、ちょうど良い激辛具合だと思います。

それゆえ、辛いのが得意でない方は、かなりの激辛に感じると思われるので、激辛ソースのトッピングはしないほうが無難でしょう。

 

また、味も美味しかったので、激辛料理が大好きな人にぜひオススメしたいのですが、ソースがなくなり次第販売終了となるので、興味があれば、早目に食べに行く方がいいでしょう。