北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

ビリビリ痺れるスナック菓子 「シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌」を食べてみた

少し前のことになりますが、近所のローソンで買い物をしていると、面白そうなスナック菓子が新しく発売されていました。

そのスナック菓子は、株式会社湖池屋から発売された「シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌」(ジャオラーシンミソ)という名前のスナック菓子でした。

f:id:Takazin:20180713124350j:plain

f:id:Takazin:20180713124417j:plain

  

株式会社湖池屋といえば、「カラムーチョ」という辛いポテトチップスで有名です。

 

今回の新商品も、いかにも辛そうな感じがしますが、単に辛いだけではなく、花椒(ホアジャオ)が使われていて、ピリリとした刺激も味わえるようになっているようでした。

店でこれを見つけたときは、面白いと感じてすぐに購入しました。

  

ちなみに、この商品の発売日は、全国のコンビニで6月25日、全国のスーパーでは7月2日となっていました。

 

辛い中華料理には、花椒がかかっていることが多く、特に激辛の麻婆豆腐と花椒の相性は最高です。

実際にこの新商品も、パッケージには麻婆豆腐の写真があって、おそらく、激辛麻婆豆腐をイメージした味になっているのではないかと想像しました。

f:id:Takazin:20180713130127j:plain

 

単に辛いだけでなく、花椒の痺れる感覚まで味わえる、この珍しく面白そうなスナック菓子を、つい先日食べたので、味などについて述べていこうと思います。

 

辛さやしびれ具合は?

実際に食べる前に、袋に書いてあることをいろいろチェックしてみると、やはり花椒の痺れを前面に押し出した商品のようですが、辛さや味噌の旨みもあることがわかりました。

f:id:Takazin:20180713130928j:plain

 

何となく、私好みな味がしそうで、期待が持てます。

 

まずは袋を開けて、どんなスナック菓子なのか中身をチェックしてみます。

このスナック菓子は、下の写真のような、ポテトチップスを細切りにしたスティック状のものでした。

f:id:Takazin:20180713131241j:plain

 

中身を確認したあと、さっそく食べてみます。

口に入れた瞬間、すぐに花椒の刺激が伝わってきました。

「おお!ビリビリしていい感じだ!」

この花椒のビリビリ感が、思いのほか強めで、なかなか刺激のあるスナック菓子となっていました。

 

いい感じの痺れの後に、辛さを感じました。

この、痺れと辛さが見事に調和している感じで、今までに味わったことのない斬新なスナック菓子といった感じでした。

 

辛味噌の味もしっかりしていて、なかなか美味しいスナック菓子だと思いました。

ただ、麻婆豆腐とは何か違った味で、そのままの表現になってしまいますが、痺れが強い辛い味噌味といった感じでした。

 

今回は、クセになるような刺激と味が「やめられない、とまらない」状態になってしまったので、味変をしないで最後まで食べきってしまいました。

 

結びに 

今回の「シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌は、花椒の痺れと辛さの両方を兼ね備えた、美味しく面白いスナック菓子でした。

花椒が思いのほか強く効いているように感じますが、私にとっては、これくらい刺激がある方が好みです。

しかし、辛いものや花椒が苦手な方には厳しいかもしれません。

 

激辛料理(特に中華)が好きな方であれば、きっと病みつきになると思いますので、興味がある方は、一度このスナック菓子を食べてみるといいかもれません。

また、もちろんそのままで食べるのもいいのですが、刺激的で濃い味がするため、ビールのおつまみとしても最適です。