北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

世界で販売されているカラムーチョ スコーンタイプの「ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」を食べてみた

前回は、株式会社湖池屋から6月に発売された「台湾のカラムーチョ ホットチリ味」というスナック菓子を紹介しました。

この「台湾のカラムーチョ ホットチリ味」は、3種類同時発売された「世界のカラムーチョ」というシリーズのスナック菓子のうちの1つです。

 

今回は、その「世界のカラムーチョ」の残り2つのうちの1つである、ベトナムの「ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」について、食べた感想などをまとめていこうと思います。

f:id:Takazin:20180817015257j:plain

f:id:Takazin:20180817015331j:plain

   

ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」について

ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」の発売日は、他の2種類と同時発売で、全国のコンビニで6月18日、全国のスーパーでは6月25日となっていました。

 

この「ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」は、前回紹介した「台湾のカラムーチョ ホットチリ味」よりも辛いようです。

f:id:Takazin:20180816210559j:plain

 

そして、3種類とも期間限定での発売のようです。

具体的にいつまでの販売かはわかりませんが、辛さをテーマにしているため、夏の期間の限定だと想像できます。

 

つい最近でも、まだ一部のスーパーなどで、この「世界のカラムーチョ」が販売されているのを見かけますし、湖池屋のオンラインショップでも販売されていましたが、もうそろそろ販売終了となるのではないかと思われます。

 

そして、このベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」の最大の特徴は、ポテトチップスタイプのスナック菓子ではなく、スコーンタイプのスナック菓子ということです。

そういえば、確かにスコーンも湖池屋の商品でした。

それにしても、カラムーチョはポテトチップスタイプのものか、ポテトチップスを細切りにしたスティック状のものしか見たことがなかったので、スコーンタイプのカラムーチョは珍しい感じがします。

 

ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」を食べてみる

実際に食べる前に、袋の裏面に書いてあることをいろいろチェックしてみます。

すると、唐辛子の辛さだけでなく、エビの旨みもあることがわかりました。

f:id:Takazin:20180817021345j:plain

 

一通り、袋に書かれていることなどをチェックした後、袋を開けて中身をチェックしてみます。

f:id:Takazin:20180817021515j:plain

 

ポテトチップスタイプではないので、かなりボリュームがあるように見えます。

これを、さっそく食べてみます。

「おっ!確かにエビの風味がする!」

辛味はほんの少しピリッとする程度でしたが、エビの味がしっかりと感じられて、なかなか美味しかったです。

 

結びに 

今回のベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」は、辛さとエビの風味のバランスがいいと感じました。

激辛好きの私にとっては、辛さに関しては物足りない部分は当然ありましたが、スナック菓子としては、程よいピリ辛で食べやすいと思いました。

これなら、あまり辛さに強くない人でも、美味しく食べることが出来ると思います。

また、エビの風味がしっかり出ていますので、エビが好きな方にはオススメです。

 

そして、この記事の中でも述べていますが、この「ベトナムのカラムーチョ スパイシーシュリンプ味」を含む「世界のカラムーチョ」は、そろそろ販売中止となると考えられるので、興味のある方は、スーパーの店頭などで見かけたら早目に購入するほうがいいでしょう。