北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

侮れない強烈な辛さの焼そば「ペヤング からしMAX ソースやきそば」

少し前に、何げに入ったファミリーマートで思いがけない商品を見つけました。

「こ、これは・・・」

急いで近寄ってみると、それは、まるか食品株式会社から発売された新作のぺヤングのカップやきそばでした。

その新商品はペヤング からしMAX ソースやきそば」という名前でした。

f:id:Takazin:20180830235446j:plain

 

私にとっては、久しぶりのペヤングの新商品なので、ためらうことなく即購入しました。

ぺヤングのカップやきそばのことを紹介するのは、前回の「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」を除くと、本当に久しぶりです。

 

というのも、北海道ではぺヤングの新商品が発売されないことがあります。

(単に私の見つけ方が下手なだけかもしれませんが・・・)

先の「超超超大盛 GIGAMAX」の前に紹介したぺヤングの商品は「ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味」というものですが、これ以降に新しく発売されたペヤングのやきそば(6種くらい)は見つけることが出来ずに、未だに食べることができないでいる状態です。

そのような背景もあって、久々のぺヤングのカップやきそばの記事となります。

 

ちなみに、このペヤング からしMAX ソースやきそば」8月16日にファミリーマートで先行発売されて、9月3日からドン・キホーテで発売されるようです。

発売から2週間くらい経過しているのですが、数日前にこれを食べたので、今回はこの新商品を食べてみた感想などについてまとめていこうと思います。 

 

中身を確認して作ってみる 

まずは包装を開けてみると、今回は「かやく」と「ソース」の2つの袋が入っていました。 

今回の「かやく」にはキャベツ、豚肉、にんじんが入っていていました。

f:id:Takazin:20180831002340j:plain

 

まず最初に「かやく」を入れてお湯を注ぎます。

f:id:Takazin:20180831002600j:plain

 

3分後にお湯を切った後、「ソース」を入れてよく混ぜれば完成です。

f:id:Takazin:20180831002625j:plain

f:id:Takazin:20180831002647j:plain

 

あとは食べるだけというこの時に、アクシデントが発生しました。

「ソース」を入れて混ぜていると、目と鼻が強烈に痛くなりました。

特に目は開けていられない状態でした。

「うおおおぉぉ~、目が、目ぐゎ~!」

おそらく、このソースのからし成分が水蒸気に含まれていて、それが目や鼻に入ったのだと思われます。

この瞬間に、今回の新商品は想像していたものよりも遥かにヤバイのではないかと思ってしまいました。

食べるのが、恐ろしくもあり、より楽しみにもなってきました。

 

食べてみると 

出来上がったものを一口食べてみます。

「ぐふっ!ぐほっ!」

少量を食べただけなのに、思いっきりむせてしまいました。

からしの辛さがかなり強烈でした。

強烈な辛さのため、またもや鼻が痛くなりました。

 

実は、私は唐辛子の辛さにはそこそこ強いのですが、鼻にツーンとくる「からし」や「わさび」の辛さはそれほど強くはありません。

ゆえに、今回の「ペヤング からしMAX ソースやきそば」は、かなり辛く感じました。

 

ただ、味は不思議とメチャクチャ美味しかったです。

これだけ強烈な辛さで、すぐにむせてしまうのに、最初の辛いのが通り過ぎると、後味がサッパリしていて、とても美味しく感じました。

 

よくよく考えてみると、ソースをかけたとんかつやフライに、からしをつけて食べると素材の臭みが消えて美味しくなると言われていますが、今回のこのペヤングにも同じことが言えるのかもしれません。

今回の新商品は、からしが全体の臭みを消して、美味しさを引き出しているような感じがしました。

 

ぺヤングは、これまでも変わった味のカップやきそばを発売してきました。

大抵は美味しいと思えるのですが、中にはイマイチなのもありました。

そんな中で、今回のこのペヤング からしMAX ソースやきそば」は、かなり美味しい部類に入ると思いました。

 

そして、このカップやきそばを半分くらい食べた時に、いつものように味変をしてみようと思いました。

いつものように、デスソースを入れてみようかも考えましたが、からしの辛さと唐辛子の辛さを混ぜると、(あくまでも私の直感ですが)不味くなりそうな気がしました。

そこで、今回はこの商品の辛さをアップさせるもの、つまり、ねりからしを入れてみることにしました。

 

ねりからしを入れてみると  

半分くらい残っている「ペヤング からしMAX ソースやきそば」に、チューブのねりからしを入れてみて、味がどう変化するかを試しました。

f:id:Takazin:20180831235134j:plain

f:id:Takazin:20180831235152j:plain

 

よく混ぜて、一口食べてみます。

「・・・、アレ?あんまり変わらないな~!」

味も辛さも、ねりからしを入れる前と比べて、変化があまり感じませんでした。

 

唐辛子系の辛いカップやきそばに、デスソースを入れると辛さが飛躍的にアップすることが多いのですが、今回はそのように急激に辛さがアップしたりはしませんでした。

結局今回は、ねりからしを入れても入れなくても大して変わらないという結果になりました。

 

結びに

このペヤング からしMAX ソースやきそば」は、作っている最中から目や鼻が痛くなる、恐ろしいものでした。

悶絶する人のパッケージの通り、からしの辛さがかなり強烈でした。

 

しかし、味に関しては、私が食べたことのあるぺヤングの中では、トップクラスの美味しさでした。

辛くて、すするたびにむせてしまうのですが、不思議とクセになる美味しさのある一杯でした。

はっきり言って、かなり美味しいです。

 

この「ペヤング からしMAX ソースやきそば」は今のところ、ファミリーマートでしか買えないと思われます。

 

からしが大好きで、何にでもすぐにからしを入れてしまう人や、あの鼻にツーンとくる感触が好きな方は、一度食べてみることをオススメします。