北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

2018年7月の西日本豪雨の時にできた日本酒「獺祭 島耕作」

1ヶ月ほど前になるのですが、見たことのない獺祭(だっさい)が発売されるという情報を得ました。 

その見たことのない獺祭というのは「獺祭 島耕作」(だっさい しまこうさく)という品名でした。

f:id:Takazin:20180905205725j:plain

 

しかし、この獺祭は単なる新しい獺祭ではありませんでした。

実はこの獺祭は、今年7月の西日本集中豪雨時に、酒蔵内で発酵中に停電の被害を受けた時の酒らしいのです。

この停電によって、獺祭の品質基準を満たしていないために通常の獺祭として発売できなくなったものが、今回の商品となったようなのです。

 

ちなみに、この「獺祭 島耕作」の発売日は8月10日で、価格は720mlで1,200円(税別)でした。

 

私は、発売日の数日前にこの獺祭のことを知りました。

当然、購入することを考えていたのですが、発売日の10日は勤務後に用事があったため、11日か12日の勤務後に獺祭を扱っている酒屋で購入しようと考えていました。

ところが、11日に酒屋に行ってみると、この「獺祭 島耕作」が販売されていませんでした。

「アレ?おかしいな」と思って、何件か獺祭を扱っている酒屋を回りましたが、やはり売ってはいませんでした。

 

もしかして売り切れたのでは?と思って、この「獺祭 島耕作」のことを調べてみると、獺祭の発売元の旭酒造株式会社のオンラインショップなどでもすでに売り切れでした。

おそらく、どの店舗でも発売後すぐに売り切れたと考えられます。

「発売後すぐに買いにいかなくても手に入るだろう」という考えが、かなり甘かったようでした。

 

どこにも売っていなかったのですが、この酒がどうしても飲んでみたかったため、私はヤフオクでこの「獺祭 島耕作」を手に入れました。

ただし、少し割高な値段での購入で、送料もそこそこかかってしまいました。

 

数日前に、この「獺祭 島耕作」を飲んだのですが、今回はこの変わった獺祭について、商品の特徴や味などについて述べていこうと思います。

 

「獺祭 島耕作」について 

この「獺祭 島耕作」は、先に述べた通り、西日本集中豪雨時に、酒蔵内で発酵中に停電の被害を受けて正規の獺祭として発売することのできなくなった酒です。

その停電時には、発酵タンクの中に50万リットルもの酒が入っていたようです。

この時に、獺祭として発売することのできなくなった酒を飲んでみると、十分においしい酒であることがわかりました。

 

旭酒造の桜井博志会長は、当初、十分においしい酒であるのにも関わらず、通常の獺祭として発売できない以上、この大量の酒を泣く泣く廃棄処分しようと考えていたようでした。

しかしそこに待ったをかけたのが、人気漫画島耕作」シリーズの作者である弘兼憲史でした。

弘兼氏は、この正規の獺祭として発売できない酒に、島耕作のラベルを貼って、通常の獺祭とは異なる商品として発売してみてはどうかと提案したようでした。

f:id:Takazin:20180906235413j:plain

f:id:Takazin:20180907184402j:plain

 

このようにして生まれた「獺祭 島耕作なのですが、さらに販売価格1,200円のうち200円を、豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付することにしたようでした。

f:id:Takazin:20180908234248j:plain

f:id:Takazin:20180907184436j:plain

 

さらに、この「獺祭 島耕作」は驚くべき秘密があります。

それは、この「獺祭 島耕作」の中身が、720mlで32,400円の酒である可能性があるということです。

 

これについて、どういうことか詳しく説明しますと、現在、獺祭の主力商品には、最もポピュラーな「獺祭 純米大吟醸50」(1,539円)をはじめとして、「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」(2,418円)「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」(5,142円)などがあって、その他に最高級の「獺祭 磨き その先へ」(32,400円)があります。

(※価格はどれも720mlで税込となっています。)

そして、今回の「獺祭 島耕作」は、先に述べた4種類のうちのどれかの、停電時の酒が入っているということらしいです。

 

今回、この「獺祭 島耕作」は65万本出荷されたらしく、その内の3,000本に「獺祭 磨き その先へ」が入っているらしいです。

これは計算してみると、約0.46%の確率で「獺祭 島耕作」の中身が「獺祭 磨き その先へ」ということになります。

この「獺祭 島耕作」は外見から中身を見分ける方法はありません。

それゆえに、くじ引き的な面白さもある酒となっています。

中身が何かわからず、飲んだ時に、これはひょっとして「獺祭 磨き その先へ」かな?などと考えながら飲むのも面白そうです。

 

 「獺祭 島耕作」を飲んで感じたこと

この「獺祭 島耕作」が届いた後、すぐには飲まずに、しばらく飲む機会を伺ってました。

数日前の休日に、ゆっくりできる日があったので、この時に飲んでみました。

冷蔵庫でよく冷やしたあと、栓を開けてみると、甘くていい香りが漂ってきます。

そして、グラスに注いで一口飲んでみると・・・。

f:id:Takazin:20180907180413j:plain

f:id:Takazin:20180907181601j:plain

 

「ぷは~、メチャクチャ美味い!」

確かに、あの獺祭の味がして美味しいのですが、若干いい意味での違和感も感じました。

「アレ?何だかいつもの獺祭と少し違うような・・・」

 

この「獺祭 島耕作」の中に入っていると言われている4種類の酒のうち、私は「獺祭 純米大吟醸50」しか飲んだことがないのですが、「獺祭 純米大吟醸50」と比べると、何というか、キリッとした力強い味がする感じがしました。

そして「獺祭 純米大吟醸50」よりも美味しい感じがしました。

 

ただ、最近「獺祭 純米大吟醸50」を飲んだのが3ヶ月ほど前のため、私の舌もけっこうアテにならない部分もありますが、明らかに「獺祭 純米大吟醸50」とは違うような感じがしました。

まぁ、さすがに「獺祭 磨き その先へ」ということはないとは思いますが、今回飲んだ酒の中身が「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」とかだったらいいな、と思いました。

 

あくまでも私の感じた印象ですので、結局、中身の正体はわかりませんが、とても美味しいお酒であったことは確かでした。

例え、中身が「獺祭 純米大吟醸50」だったとしても、久々の獺祭をゆっくりと堪能できました。

 

結びに 

「獺祭 島耕作の中身は何なのか、外から見分ける方法はないのですが、少なくとも「獺祭 純米大吟醸50」以上のランクの日本酒なので、美味しいことには変わりはありません。

 

ただ冒頭でも述べた通り、現在は正規販売店などで売り切れていますので、定価で購入するのは困難だと思われます。

どうしても飲みたい方は、多少割高になりますが、オークションや酒屋のネットショップなどで手に入れるしかなさそうです。

また、この「獺祭 島耕作」が飲める居酒屋もあるようで、街を歩いてて数件見かけました。

 

私自身、もし機会があれば、オークションなど利用してもう一度この「獺祭 島耕作」を購入しようか考えています。

もし、今度購入した場合は、「獺祭 純米大吟醸50」も用意しておいて、実際に両者を飲み比べて、違いを確かめたいと思ってます。