北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

今年で28年目 秋限定の大人気ビール「キリン 秋味」

3週間ほど前のことになるのですが、会社帰りにいつも立ち寄るスーパーで、キリンビール株式会社から新しいビールが発売されていました。

その新商品は「キリン 秋味」という名前のビールで、毎年、夏の終わりのこの時期に秋の限定商品として発売されます。

f:id:Takazin:20180912221436j:plain

 

毎年、店で「キリン 秋味」を見かけるようになる頃は、「今年も夏はもう終わりだな」と思ってしまいます。

 

ちなみに、この「キリン 秋味」の発売日は8月21日で、名前の通り秋限定の販売となっています。

ちなみに、アルコール度数は6%となっています。

 

他社の秋用のビールや新ジャンルビールにも興味があり、いろいろと新商品を飲んでいたこともあって、この「キリン 秋味」を購入したのが1週間ほど前になってしまいました。

購入して数日後に、この「キリン 秋味」を飲んだので、これを飲んだ感想などについて、レビューしていこうと思います。

 

「キリン 秋味」の特徴について 

この「キリン 秋味」が、初めて発売されたのは1991年でした。

1991年から今年の2018年の28年間、秋限定で販売されてきました。

そして、その間の出荷数量は、350ml缶の換算で、何と13億本を突破したようです。

それだけ、このビールの人気があって、よく売れているということがわかります。

f:id:Takazin:20180912225300j:plain

 

そういえば、私も学生の時に、初期の頃の「キリン 秋味」を飲んで、「美味しいビールだな~!」と思っていました。

最初に発売された年から1年も途絶えることがなく、ずっと発売されていたということを、今回初めて知って驚きました。

 

さらに、この「キリン 秋味」は、キリンビール株式会社の主力商品であるキリンラガービール」に比べると、麦芽が1.3本分使われているようです。

f:id:Takazin:20180912233616j:plain

 

これによって、より深い麦芽のコクを感じられるビールとなっているようです。

 

実際に飲んでみたら・・・

冷蔵庫でよく冷やしておいたものを、まずはグラスに注いでみます。

f:id:Takazin:20180912231122j:plain

 

見た目の色は、一般的なビールや新ジャンルビールと比べると、ほんの少しだけ茶色っぽく濃い感じがしました。

 

色などをチェックした後に、一口飲んでみます。

「おっ!力強いコクがあって、後味もイイ!本当にウマイ!」

濃い味がして、なおかつ麦芽の香りがしっかりと感じられ、適度な苦味もありました。

とにかく、味のバランスがよくて、文句なく美味しいと思いました。

 

私がこれまでに飲んだ他社の秋用の商品は、コクは強すぎるのか、若干クセのある味のものが多いのですが、この「キリン 秋味」は、秋用でない一般的なビールから大きくかけ離れた味ではないので、飲みやすいビールでもありました。

 

結びに

この「キリン 秋味」は、深いコクがあって濃い味がするのですが、その割にクセが少なく飲みやすいビールになっています。

味自体も、麦芽の香りが前面に出ていて、ビール好きの人であれば、美味しく感じると思います。

また、味が濃いゆえに、いろんな料理にも合います。

 

この「キリン 秋味」は、秋限定の販売なので、興味のある方は、早目に購入したほうがいいでしょう。