北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

食欲の秋にピッタリ 秋限定の生ビール「アサヒ 食楽」

1ヶ月ほど前のことになるのですが、会社帰りにいつも立ち寄るスーパーで、アサヒビール株式会社から新しいビールが発売されていました。

その新商品は「アサヒ 食楽という名前のビールでした。

f:id:Takazin:20180928221643j:plain

 

8月の下旬ころから、各ビールメーカーが秋用の新商品を競い合うように発売しているのが目立ちますが、このビールも秋用の商品となっています。

 

ちなみに、この「アサヒ 食楽」の発売日は8月21日でした。

また、このビールは10月上旬までの秋限定の販売となっています。

  

他社の秋用のビールや新ジャンルビールにも興味があり、いろいろと新商品を飲んでいたこともあって、この「アサヒ 食楽」を購入したのが1週間ほど前になってしまいました。

そして、このビールを飲んだのが数日前でした。

 

発売してから1ヶ月以上経過していますが、今回は、この「アサヒ 食楽」を飲んだ感想などについて、レビューしていこうと思います。

 

「アサヒ 食楽」の特徴について 

今回紹介する「アサヒ 食楽は、アルコール度数は6%となっています。

 

そしてこの商品は、食がすすむようにいくつかの工夫がされているビールとなっていました。

まず、焙煎された国産米を使用することで、食事に合う香ばしい香りを実現させたようでした。

f:id:Takazin:20180928224106j:plain

 

ビールの原料といえば麦芽ですが、麦芽を焙煎するのではなく、国産米を焙煎して使うというところが、このビールの面白いところだと思いました。

 

さらに、このビールの面白い特徴として、原材料にカイエンペッパーが使われているということです。

このカイエンペッパーを加えることで、ピリッとした心地よい刺激を実現させたようでした。

 

カイエンペッパーが使われているなんて、それってビールなの?と疑問に思うかもしれませんが、これについては、以前このブログでも触れたことがあります。

この「アサヒ 食楽」がビールに分類される理由は、2018年の4月1日からビールの定義が改正されて、果実や香料が使用されたものでも、特定の条件さえクリアしていればビールとして認められるようになったからです。

 

焙煎された国産米の香ばしさと、カイエンペッパーの刺激によって、食事との相性のいいビールとなっているようです。

 

実際に飲んでみたら・・・

冷蔵庫でよく冷やしておいたものを、まずはグラスに注いでみます。

f:id:Takazin:20180928231651j:plain

 

見た目の色は、季節に関係なく一年中販売されている、一般的なビールや新ジャンルビールと変わらない、黄色い色でした。

 

色をチェックした後に、一口飲んでみます。

「あっ!意外とさっぱりしている!」

ガツンとくるような濃い味ではありませんでしたが、香ばしい香りと、ピリッとした刺激を感じることができました。

そして、適度な苦味がありました。

すっきり、さっぱりしていて飲みやすくて、美味しいビールだと思いました。

イメージしていたものよりもクセがなく、確かに食事と相性のいいビールだと思いました。

 

結びに

この「アサヒ 食楽は、比較的さっぱりしていて、飲みやすいビールになっています。

そして本当に、香ばしい香りと、ピリッとした刺激があるのですが、このビール自体の味の主張がそれほど強くないので、いろんな料理に合うと思います。

 

この「アサヒ 食楽」は秋限定で10月上旬までの販売なので、興味のある方は、早目に購入したほうがいいでしょう。