北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

函館のとても美味しい、ご当地バーガー 「ラッキーピエロ」

1週間ほど前のことですが、休日に函館に行ってきました。

休日は家でゴロゴロしていることが多いのですが、この時の休みは連休だったこともあったので、せっかくだから車を借りて遠くに行こうと考えていました。 

どこに行こうか考えている中で、今回函館に行こうと考えた理由は、いくつかの有名な函館のグルメを堪能することでした。

 

最初に行った店は、函館の有名なラッキーピエロ」(愛称はラッピ)というハンバーガーショップです。

f:id:Takazin:20180929093449j:plainf:id:Takazin:20181002224624j:plain

イメージキャラクターの「ハイ!ラッキーくん」

 

このラッキーピエロは、函館市民であればわからない人はいないといっても言い過ぎではないほど函館では有名な店です。

ちなみに「ラッキーピエロ」は、現在、函館市を中心とした道南エリアに17店舗存在しています。

f:id:Takazin:20181002232043j:plain

 

その中で、今回伺ったのはラッキーピエロ ベイエリア本店」 という店で、こちらの店舗が「ラッキーピエロ」の第1号店です。

f:id:Takazin:20181002220801j:plain

 

ちなみに、このラッキーピエロ ベイエリア本店」の所在地は、函館市末広町23-18で、金森赤レンガ倉庫という函館の有名観光スポット(このエリアをベイエリアというようです)の近くにあります。

 

今回は、この函館の人気店の「ラッキーピエロ」について、食べた料理になどについてレビューしていこうと思います。 

 

ラッキーピエロ」について 

ラッキーピエロ」はハンバーガーの店として有名ですが、実はハンバーガ以外にも、カレーライスやオムライス、カツ丼などのさまざまなメニューがあります。

f:id:Takazin:20181002221147j:plain

 

この「ラッキーピエロ」では、各メニューともに作り置きせずに、注文を受けてから調理しています。

また、使用する食材にもこだわりがあります。

ラッキーピエロ」では、「地産地食」という言葉を用いて地産地消を進めており、肉や米は北海道産のものが使われて、野菜類は函館近隣で栽培されたものを極力採用するようにして、地元の食材を使用しているようです。

 

さらに「ラッキーピエロ」の各店舗はそれぞれテーマがあって、店舗ごとに内装などが異なっています。

ちなみに、今回伺ったラッキーピエロ ベイエリア本店」は、森の中をイメージしているようで、店内のテーブルや椅子は緑色で統一されて、さらに、ブランコの席もありました。

f:id:Takazin:20181002215754j:plain

 

私は、これまでも何度か「ラッキーピエロ」には行ったことがありますが、この本店に行ったのは、今回が初めてでした。

今回、本店を選んだ理由は、「ラッキーピエロ」の第1号店ということもありましたが、あの食べログ」の「ハンバーガー百名店」に入っていたからでした。

 

ここで「百名店」とは、「食べログ」ユーザーから高い評価を集めた上位100位に入っている店のことです。

単純に考えて、全国のハンバーガー店のベスト100の中に、こちらの店が入っているということになります。

このような背景もあって、どうせ行くならより人気の高い店舗ということで、今回はこの 「ラッキーピエロ ベイエリア本店」を選びました。

 

2つのハンバーガーを注文して食べてみる

ラッキーピエロ」はハンバーガーだけでもメニューがたくさんあるため、いつもどれにするかいつも迷ってしまいます。

今回は久々ということもあって、一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」(税抜350円)と、最もシンプルな「ハンバーガー」(税抜270円)、そして「ラッキーシェイク バニラ」(税抜230円)を注文しました。

 

いつも思うことなのですが、先にも述べた通り「ラッキーピエロ」のメニューは、材料にもこだわって、作り置きせずに一品一品丁寧に作っているのにも関わらず、その割に安いため、かなりコスパがいいと思います。

普通は、これだけのこだわりがあるならば、最低でも500円はしそうなものです。

 

注文すると、すぐに「ラッキーシェイク バニラ」が出来たので、席に着いてシェイクを飲みながら、ハンバーガーが出来るのを待ちました。

f:id:Takazin:20181002231201j:plain

 

シェイク自体久しぶりだったのですが、この「ラッキーシェイク バニラ」は、ちょうど良い甘さで美味しかったです。

 

シェイクを飲みながら待っていると、注文したハンバーガーが運ばれてきました。

f:id:Takazin:20181002231634j:plain

 

まずは、シンプルな「ハンバーガー」の方をいただいてみます。

f:id:Takazin:20181002232239j:plain

f:id:Takazin:20181002232310j:plain

f:id:Takazin:20181002232417j:plain

 

「ウン!美味しい!」

ケチャップとマスタードのシンプルな味付けですが、手作り感がとても出ていて美味しいです。

ミートパテとタマネギをバンズで挟んだシンプルな「ハンバーガー」ですが、ミートパテが分厚くジューシーで、文句なく美味しいです。

これで300円しないのは、かなりコスパもいいと思います。

 

そして、次に一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」をいただいてみます。

こちらは、味付けされた鶏の唐揚げが3つ入っています。

f:id:Takazin:20181002233801j:plain

f:id:Takazin:20181002233818j:plain

f:id:Takazin:20181002233849j:plain

 

久々にこれを食べてみると「う~ん!やっぱり超うめぇ~!」

チキンはやわらかくてジューシーなのですが、この甘辛いタレが何とも言えない味で、かなりクセになる味になっています。

甘酢のきいた甘辛いタレとマヨネーズが、これまたよく合っていて、さらにチキンの油っぽさをレタスがさっぱりさせてくれます。

 

例えるなら、とても美味しいユーリンチーをサンドしたようなハンバーガとなっています。

また注文したくなるような中毒性のある味で、この「チャイニーズチキンバーガー」は本当に美味しいです。

 

結びに 

私はまだ、ラッキーピエロには5回ほどしか行ったことがなく、ハンバーガーも数種類しか食べたことがないのですが、どのハンバーガーも丁寧に作られていて、とても美味しかったです。

これだけのクォリティなのにも関わらず、「ラッキーピエロ」のハンバーガーは、比較的安価でコスパがかなりいいと思います。

 

私は「ラッキーピエロ」で、ハンバーガー以外の(ドリンクなどを除いた)メニューを食べたことがありません。

しかし、友人らの話によると、カレーやオムライスも美味しいとのことなので、何回も通って、そのうちカレーなども食べてみたいと思いました。

 

また、いろんな種類のハンバーガーも食べてみたいと思いました。

特に、高さが20cmあるらしい「THEフトッチョバーガー」や、ハンバーガーの人気メニュー1位から3位までを一つに重ねた「函館山バーガー」は、いつか食べてみたいと思っています。

 

まだ、函館に行ったことのない人で、函館に行く予定のある方がいれば、この「ラッキーピエロ」はかなりオススメですので、一度行ってみてはいかがでしょうか?

ラッキーピエロ ベイエリア店
土方歳三ホタテバーガー チャイニーズチキン
[住所]北海道函館市末広町23-18
posted with タベレバ