北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

今が旬、サンマの刺身のいろいろな薬味で食べてみる

秋の魚といえばやっぱりサンマが思い浮かびます。

脂の乗ったサンマは、塩焼きにして食べると香ばしくて美味しいのですが、サンマの刺身もとても美味しく人気があります。

f:id:Takazin:20181012215314j:plain

 

しかも2018年の今年は、サンマが比較的安い値段で売られています。

ちなみに、2017年はサンマが非常に高くて、しかも小さいもの(10cm程度の、毎年見ているサイズの半分位の長さのもので、こんな小さいのもは初めて見ました。)が多かったのですが、今年は大量に獲れているようでしたので、今年は美味しいサンマをたくさん食べることができると楽しみにしていました。

 

しかし、9月に発生した北海道胆振東部地震のため、9月の中旬ぐらいまで、食料品がスーパーなどから消えていまいました。

スーパーには、最初加工品などが並び始め、9月の中旬以降に肉や魚なども店頭に並ぶようになりました。

通常サンマがたくさん出回って、値段が安定し始める9月の上旬に、なかなかサンマを食べることができませんでしたが、9月の下旬に今年初のサンマを食べました。

 

サンマは北海道だけが産地というわけではありませんが、水揚げ量は北海道が圧倒的に多いようです。

そのためサンマは、秋の北海道を代表する食べ物となっています。 

 

もう10月の中旬になろうとしていて、やや旬の時期が過ぎた感じはしますが、今回はそんなサンマの刺身の食べ方をいくつか紹介していこいうと思います。
 

サンマの刺身を刺身醤油でいただく 

定番ですが、刺身醤油に何かをプラスして食べてみます。

まずは、刺身といえば定番のワサビを入れて食べてみます。

f:id:Takazin:20181012221431j:plain

f:id:Takazin:20181012221449j:plain

 

サンマの生臭さを、ワサビのツーンとする香りが中和させて、なかなか美味しいです。

 

次は、サンマの刺身では定番のショウガを入れて食べてみます。

最近では、スーパなどでサンマの刺身を購入すると、ワサビではなく、このショウガが付いているものが多いです。

それくらい、サンマの刺身にはショウガということが定着しているように思います。

f:id:Takazin:20181012221807j:plain

f:id:Takazin:20181012221834j:plain

 

やはり、この食べ方は文句なく美味しいです。

ワサビと同様、ショウガがサンマの生臭さを中和させていますが、ショウガの方がさっぱりしている感じがして食べやすいです。

私にとっては、ワサビよりもショウガの方が、サンマの刺身に合っていると感じます。

しかし、ワサビかショウガかは人それぞれ好みがあると思います。

 

そして、次に紹介する食べ方ですが、これは数年前に知人から聞いた食べ方で、刺身醤油にたっぷりと一味唐辛子を入れる食べ方です。

最初に、その人からこの食べ方を教えてもらったとき、「だまされたと思って、真っ赤になるくらい一味を入れて食べてみて」と言われました。

f:id:Takazin:20181012233442j:plain

f:id:Takazin:20181012233458j:plain

 

最初に、この大量に入れた一味唐辛子でサンマの刺身を食べた時は感動しました。

何だか、大量の唐辛子が脂の乗ったサンマの旨みを引き出しているように感じました。

まさに、病みつきになる味です。

 

この一味唐辛子で食べる方法は、最近ではかなり知られていると思いますが、もし知らなかった人は、それこそ、だまされたつもりで試してみて欲しいと思います。

 

また、一味唐辛子でなく七味唐辛子でもいいと思いますが、私は唐辛子オンリーの一味唐辛子の方が、混じりっけのない味になって好みです。

しかし、これも人それぞれ好みが分かれると思います。

 

そして、これだけの大量に一味唐辛子を入れても、あまり辛さが気にならなくなります。

ゆえに、一味唐辛子は多めに入れることをオススメしますが、それでも辛いものが苦手な人は、加減しながら入れるといいと思います。

 

次に、私が最近よく食べる食べ方なのですが、それは、先に紹介した一味唐辛子とショウガをミックスさせて食べるというものです。

f:id:Takazin:20181012234700j:plain

f:id:Takazin:20181012234802j:plain

 

こうすることで、サンマの旨みが引き出せて、なおかつサッパリしていて、これは本当にクセになってしまいます。

まさに、ショウガと一味唐辛子のいいとこ取りといった感じの食べ方です。

 

よりサッパリさせて食べてみる

先程は、刺身醤油に何かをプラスして食べる方法でしたので、ベースには醤油の濃厚な味があります。

しかし、サンマの刺身をよりサッパリさせて食べたい場合は、ポン酢がオススメです。もちろん、醤油ベースのポン酢でもサッパリするのですが、よりサッパリさせたい場合は、醤油の入っていないものがいいでしょう。

f:id:Takazin:20181013000241j:plain

 

ただ、このポン酢だけだとどうしても味が薄すぎて、サンマの生臭さが感じられるかもしれません。

そこで、このポン酢にも大量の一味唐辛子を入れて食べます。

こうすることで、サンマの刺身の生臭さが気にならなくなります。

f:id:Takazin:20181013000604j:plain

f:id:Takazin:20181013000623j:plain

 

この食べ方は本当にサッパリしています。

それゆえに、サンマの脂っぽさがあまり感じられません。

とにかくサッパリした味が好きであれば、この食べ方はオススメですが、サンマの脂分の美味しさを楽しみたい方は、刺身醤油ベースの食べ方の方がいいでしょう。

 

結びに 

今回は、私が実際に食べたことのあるサンマの刺身の食べ方について紹介しました。

今が旬のサンマは本当に美味しいので、私も大好きです。

特に刺身は、この記事で紹介したようないろいろな食べ方で味わっています。

今後も、いろんな美味しい食べ方がないかどうかを探しながら、毎年秋にサンマの刺身を味わっていこうと思います。

 

冒頭でも述べましたが、いつもの年に比べて、今年のサンマは値段も手頃で、型のいいものが多く出回っています。

やや旬が過ぎた感じはしますが、去年に比べると今年のサンマは本当に美味しいです。

旬が過ぎる前に、サンマの刺身をいろんな食べ方で、楽しんでみてはいかがでしょうか?