北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

「ぺヤング×正田醤油 激辛ソース」でリアル「ぺヤング 激辛やきそば」を作って食べてみた

1週間ほど前のことになりますが、ドン・キホーテ狸小路店)で買い物をしていた際に、いかにも辛そうなものを発見しました。

その商品はペヤングでお馴染みの「まるか食品株式会社」と「正田醤油株式会社」のコラボ商品「ぺヤング×正田醤油 激辛ソース」という名前の商品でした。

f:id:Takazin:20181023123513j:plain

f:id:Takazin:20181023123758j:plain

 

とにかく辛いものが好きな私は、ためらうことなくこの商品を即購入しました。

ちなみに、価格は368円(税別)でした。

  

この商品のボトルに書かれてる説明書きを見てみると、いろんな料理に使えそうだということがわかりました。

f:id:Takazin:20181023124229j:plain

 

どんな料理に使ってみようか考えましたが、これで焼そばを作ったら、あの「ぺヤング 激辛やきそば」と同じ味になるのかが気になったため、焼きそば用の麺を買って、このソースで焼きそばを作ってみました。

 

果たして、このソースで作った焼きそばの味はどのようなものだったのか・・・。

  

まずは、ソースだけの味をチェックしてみる 

まずは、フタを開けてみます。

すると、ノズルのような小さな注ぎ口がありました。

おそらく、大量にドバッと出ないような仕組みになっていると思われます。

f:id:Takazin:20181023124732j:plain

 

そして、中身を少量小皿にとってみます。

f:id:Takazin:20181023125023j:plain

f:id:Takazin:20181023125044j:plain

 

小皿にとったものをなめてみると・・・

「おおっ!辛い!」

しっかりした辛さがありました。

 

実は、この商品を購入する前は、値段もそんなに高くはなかったので、もしかして「それほど辛くないのでは?」などと思ってもいました。

しかし、実際はなかなかの辛さだったので、これは非常にいい物を買ったと思いました。

 

しかもこのソースの味は、あの「ぺヤング 激辛やきそば」のソースと全く同じ味がしました。

「このソースで焼きそばを作ると絶対に美味しいだろうな」と思いました。

 

このソースの味などを一通りチェックした後は、さっそく焼きそばを作る準備に取りかかりました。

 

リアル「ぺヤング 激辛やきそば」を作ってみる

食材を購入して、さっそく激辛焼きそばを作っていきます。

今回選んだ焼きそばの具材は、オリジナルの「ぺヤング 激辛やきそば」に似せるため、キャベツと豚肉を選びました。

(ちなみに、オリジナルの方の具材はキャベツと味付け鶏ひき肉となっています。)

まずは、用意した食材を切っていきます。

f:id:Takazin:20181024212147j:plain

 

まずは、豚肉を炒めて火が通ったら、キャベツを入れて強火でサッと炒めます。

f:id:Takazin:20181024212344j:plain

f:id:Takazin:20181024212536j:plain

 

キャベツがしなっとしてきたら、中火にして、焼きそば用の麺と水を少量加えて、ほぐしながら炒めていきます。

f:id:Takazin:20181024212711j:plain

f:id:Takazin:20181024212733j:plain

 

全体をよくかき混ぜながら炒めていき、ある程度火が通ったら、例の「ぺヤング×正田醤油 激辛ソース」を加えてさらに炒めていきます。

ちなみに、入れるソースの量は適当で、混ぜながら色を見ながらソースを加えました。

ソースが全体に行き渡り、色が均一になれば完成です。

f:id:Takazin:20181024213525j:plain

f:id:Takazin:20181024213728j:plain

  

出来上がりを食べてみると・・・ 

出来上がったものを、紅しょうがを添えて皿に盛り付けます。

f:id:Takazin:20181024213704j:plain

美味しそうに出来ました

 

まずは、一口食べてみると・・・。

予想以上に「ぺヤング 激辛やきそば」と同じ味がしました。

「ぺヤング 激辛やきそば」のソースは単に辛いだけでなく、香辛料が含まれているため、スパイシーな味がします。

生麺を使って、作ったこの焼きそばも辛くてスパイシーでとても美味しかったです。

 

さらに、辛さの方もなかなかのものでした。

オリジナルの「ぺヤング 激辛やきそば」のソースと同じくらいの辛さでした。

辛さに強くない人であれば、かなりの激辛に感じると思われます。

味も辛さも、オリジナルの「ぺヤング 激辛やきそば」にそっくりでした。

 

この自分で作った焼きそばを半分ほど食べ終えた時に、もっと辛くしてみたくなりました。

辛くするためのアイテムには、このブログで何度も出てきてる、いつものメガデスソースを使いました。

 

メガデスソースで強烈な辛さに

半分程度食べたあとに、いよいよメガデスソースを入れてみます。

f:id:Takazin:20181024220322j:plain

 

これを、よく混ぜてから一口食べてみると・・・。

「ヒ~ハ~、メチャクチャ辛い!」

辛さが飛躍的にアップして、いつも通りとんでもない辛さになりました。

 

しかし、この「ぺヤング×正田醤油 激辛ソース」はメガデスソースとの相性がいいようで、味が変に崩れることなく、美味しさを保ったままとても辛くなった感じでした。

かなりの辛さになりましたが、「ぺヤング 激辛やきそば」のスパイシーで美味しい味はきちんと残っていて、最後まで美味しくいただくことができました。

  

結びに 

今回は「ぺヤング×正田醤油 激辛ソース」で焼きそばを作ってみましたが、その味と辛さは予想以上にオリジナルの「ぺヤング 激辛やきそば」にそっくりで美味しかったです。

そして、このソースはスパイシーで、なおかつ味自体が非常に美味しので、ラベルに書いてある通りいろんな料理に合いそうです

 

今回は焼きそばでしたが、たこ焼きやお好み焼きなどのソースありきの料理はもちろん、料理を辛くしたい時の隠し味などに幅広く使えるのではないかと思いました。

しかも、市販で売られているこの手の激辛ソースの中では、辛い部類に入ると思いますが、その割にコスパがいいと思います。

また、辛いものが苦手な方は、ふざけて食べないほうがいいレベルの辛さだと思います。

おそらく、激辛料理が大好きな方でも、このソースの辛さは満足できると思います。

興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?