北海道民タカさんのブログ

北海道(主に札幌)での食べ歩きや、日々の生活で感じたことなどを、少年のような心をもった中年のおっちゃんが、書き綴ったブログです。

北海道産の原料にこだわった上川大雪酒造の「特別純米 きたしずく」は、やはり飲まさる酒だった

以前このブログで、上川大雪酒造という酒造会社の日本酒のことについて書きました。

その時に初めてこの酒造会社の酒を飲みましたが、あまりに美味しく、すっかりこの会社の酒のファンになってしまいました。

 

そして、2ヶ月くらい前になるのですが、ある酒屋で上川大雪酒造の特別純米 きたしずく」という酒を購入しました。

f:id:Takazin:20181101232346j:plain

f:id:Takazin:20181107123450j:plain

 

ちなみに、この特別純米 きたしずく」(720ml)の価格は、税別で1,600円でした。

  

この上川大雪酒造の酒を知った時には、一般の酒屋で見つけることができなかったので、オンラインショップ限定なのかな?などと思っていました。

しかし8月くらいに、偶然ある酒屋でこの酒上川大雪酒造の酒が販売されているのを見つけました。

さらに、その後いろいろ調べてみると、札幌市内にあるいくつかの酒屋でもこの上川大雪酒造の酒を扱っているということを知りました。

 

この酒造会社の酒はとても美味しかったため、休日の時間のあるときに、ゆっくり味わいながら飲みたいと考えていました。

購入してからかなりの時間が経過しているのですが、1ヶ月くらい前にこの酒を飲んでみたので、今回はこの日本酒の味や飲んだ感想などについてレビューしたいと思います。

 

特別純米 きたしずく」について 

今回の特別純米 きたしずく」は、名前の通り原料米には「きたしずく」という米が使用されています。

現在北海道には、酒造りに適している酒造好適米は3種類存在して、そのうちの1つが「きたしずく」となっています。

f:id:Takazin:20181107120201j:plain

 

ちなみに、その他の品種は「彗星」と「吟風(ぎんぷう)」という酒米です。

 

今回の「きたしずく」を用いた日本酒の特徴は、バランスの取れた味わいに適度な香りときれいな酸が感じられる酒になることが多いようです。

そして、この「きたしずく」は、3種類の道産酒米のうち最も新しく、2014年の6月に誕生したようでした。

 

ちなみに、前回飲んだのは「彗星」を用いた「29BY 仕込46号 彗星 特別純米 直汲み無濾過夏生」という酒でした。

私にとって、これがあまりに美味しかったのですが、これについては前回書いた記事をぜひ見ていただければと思います。

www.takasan123.com

 

さらに、こちらの上川大雪酒造では、酒米の他に、水にもこだわっているようで大雪山系の天然水が使用されているようでした。

米と水、まさに北海道の原材料にこだわった日本酒となっています。

 

また、今回の特別純米 きたしずく」は、精米歩合が60%となっていました。

f:id:Takazin:20181106225732j:plain

 

特別純米 きたしずく」を飲んでみる 

実際に飲んだ数日前から冷蔵庫に入れて、飲む日までよく冷やしておきました。

購入してから1ヶ月位経過して、やっとゆっくりできる休日が来たため、じっくりと味わう機会がやってきました。

 

さっそく栓を開けると、とてもいい香りが漂ってきます。

「おお~!前回と同じいい香りだ!」

香りを楽しんだ後、グラスに注いで一口飲んでみます。

f:id:Takazin:20181107123828j:plain

f:id:Takazin:20181107123852j:plain

 

「うおおおお~!やっぱり、なまらウマい!」

前回と同様、文句なくとても美味しいです。

 

前回飲んだものと同じように、口に含んだ瞬間にメロンのような力強い香りが口いっぱいに広がって、酸のピリッとした感じもしっかりと感じました。

そして、やや辛口に感じましたが、スッとしたキレがあって、とても飲みやすいと感じました。

今回の「特別純米 きたしずく」も、やはり飲まさる酒でした。

ちなみに「飲まさる」とは、北海道弁で「ついつい飲んでしまう」という意味です。

 

また、前回の「29BY 仕込46号 彗星 特別純米 直汲み無濾過夏生」と比べると、今回の「特別純米 きたしずく」の方が、まろやかな感じがしました。

  

結びに 

この特別純米 きたしずく」は力強い香りとキレがあって、しかも飲みやすく、前回同様にとても美味しい酒でした。

本当に「飲まさる酒」で、油断するとついつい飲みすぎてしまいそうでした。

 

今回で、この上川大雪酒造の「彗星」と「きたしずく」を飲んだことになりますので、残る「吟風」も近々飲んでみたいと考えています。

(実は、すでに「吟風」をストックしていて、いつ飲むか考えているところです。)

 

この上川大雪酒造の酒が、私に「北海道の酒も美味しいな」と思わせてくれたきっかけになりました。

そして私自身、北海道の日本酒にも興味を持つようになりました。

ひょっとしたら、北海道にも私の知らない美味しい日本酒がまだまだあるかもしれません。

今後、今回の上川大雪酒造以外にも、北海道産の美味しい日本酒を見つけたら、当然、このブログで紹介していこうと考えています。