キレッキレのキレ味が特徴の新ジャンルビール「アサヒ 極上<キレ味>」

数日前、会社帰りにいつものようにスーパーの酒の販売コーナーに立ち寄ってみたところ、アサヒビール株式会社から新商品が発売されていました。

その新商品は「アサヒ 極上<キレ味>」という名前でした。

 

ちなみに、この「アサヒ 極上<キレ味>」の発売日は、1月29日となっていました。

この新商品は「リキュール(発砲性)①」と表記があるので、いわゆる第4のビールというものに分類され、新ジャンルビールとも呼ばれています。

 

初めてこの商品を見たときに、缶の色が銀色だったこともあって、一瞬、私の大好きな缶ビールの「アサヒスーパードライ」の関連商品かと思ってしまいました。

この新しく発売された新ジャンルビールを、数日前に飲んでみたので、その時の感想などについて、レビューしていこうと思います。

 

「アサヒ 極上<キレ味>」の特徴

今回新しく発売された「アサヒ 極上<キレ味>」は、缶にも記載されていますがアルコール度数は5%となっています。

ここ最近で発売された新ジャンルビールの中では、アルコール度数は低めな感じがします。

 

そして先にも述べましたが、缶の色が銀色で「アサヒスーパードライ」に似ていて、なかなかカッコイイ感じのデザインとなっていました。

 

そう言えば、以前このブログで、アサヒビールの「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」というビールを紹介したことがあるのですが、ぱっと見、この「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」かと思ってしまったほどでした。

ちなみに「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」については、下の記事を見ていただければと思います。

キレッキレの切れ味爽快なビール「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」

 

さらに、この新商品の最大の特徴は、名前にもある通りキレ味にあります。

この新ジャンルビールには、冷涼感が特長のポラリスホップというものを採用し、その投入タイミングを最適化することで、穀物香をマスキングして、キレを強化させたようでした。

さらに、渋味成分を選択的に吸着するろ過助材を使用した新ろ過技術によって、キレを向上させたようでした。

このようにして、冴えるシャープなキレを実現させ、アサヒビール株式会社最高レベルのキレを実現させたようでした。

 

また、私がいつも行っているスーパーとは別のスーパーでは、店を入ってすぐの所に、この「アサヒ 極上<キレ味>」の特別販売コーナーがあって、大々的に宣伝されていました。

これだけ、この新商品は注目されていることだと思われます。

 

実際に飲んでみたら・・・

冷蔵庫でよく冷やしておいたものを、まずはグラスに注いでみます。

 

「おおぅ、本当にキレがある!」

スッキリした感じの味で、ゴクゴク飲める感じでした。

確かに、アサヒビール株式会社最高レベルのキレと缶に書かれている通り、ここまでキレ味バツグンな、新ジャンルビールは今まで飲んだことがありません。

 

私は、ある程度コクもあるビールや新ジャンルビールが好みなのですが、この新ジャンルビールは、とにかく飲みやすく気に入ってしまいました。

実は、今日まですでに3回くらい飲んでいます。

 

ただ、よくよく味を確かめながら飲んでいると、どうしても若干アルコール臭が感じられ、新ジャンルビールぽさが感じられます。

しかし、これを新ジャンルビールだと知らされずに飲むと、本物のビールと間違えてしまいそうでした。

新ジャンルビールとしては、本物のビールに近いような味で、トップクラスに美味しいと思いました。

 

結びに

この「アサヒ 極上<キレ味>」は、スッキリ、サッパリしていて、飲みやすい新ジャンルビールだと思いました。

デザインも、あの「アサヒスーパードライ」に似ていますが、何となく味の方も少し似ているような感じもしました。

キレがあるビールが好きな方に特にオススメで、一度飲んでみると、この新ジャンルビールのクオリティに驚くと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です