ペヤング最強の辛さを誇る もっともっと激辛MAXやきそば

数日前、以前から食べてみたかったぺヤングもっともっと激辛MAXやきそばを、ついに買うことができました。

たまたま立ち寄った、ドンキホーテ札幌店で山積みにされていたので、即買いました。

この激辛MAXやきそばは、以前から販売されている、赤いパッケージのペヤング激辛やきそばのパワーアップバージョンです。

前の激辛やきそばも、なかなかの辛さだったので、さらに辛くなった、今回の激辛MAXやきそばは、どこまで辛いのか非常に楽しみです。

f:id:Takazin:20180127141612j:plain

さらに、悶絶する人のパッケージがいかにも辛そうな雰囲気で、非常に期待が持てます。

早速作ってみる

包装を開けると、激辛MAXやきそばの中には、かやく、激辛ソースの2つが入っていました。

f:id:Takazin:20180127141657j:plain

まず最初にかやくを入れて、3分後お湯を切った後に、激辛ソースを入れて完成です。

かやくの中身は乾燥させたキャベツと肉(カップヌードルでいう謎肉に似たもの、実際は鶏のひき肉らしい)でした。この構成は、以前食べたことのある激辛やきそばと同じでした。

3分経過後、お湯を切ってソースを入れたのが、下の画像です。

f:id:Takazin:20180127141741j:plain

実際に食べてみると

ソースが全体によくなじむように、よく混ぜてからいただきます。

f:id:Takazin:20180127141934j:plain

実際に食べてみると、「おっ!なかなか辛い」と思うも、想像していたよりは辛くなかったため、普段から激辛料理を好んで食べているオイラは、普通に食べ進めることができました。

そして、前に食べた激辛やきそばと同様、ただ単に辛いでなく、味も美味しいです。

どのようにおいしいのかは、うまく説明ができないのですが、パッケージに書いてある原料を見てみると、りんごピューレやトマト、ポークエキス、野菜エキスなどが入っていて、それらがいい具合に混ざり合っているのだと思います。

また、辛さについて、前に食べた激辛やきそばと比較してみると、正直どれくらい辛くなっているのか、あまりわかりませんでした。

まぁ、激辛やきそばを食べたのがかなり前だったため、どんな辛さだったのか忘れてしまったということもあると思います。

f:id:Takazin:20180127142131j:plain

前に食べたペヤング激辛やきそば

機会があれば、激辛MAXやきそば、激辛やきそばの両方を一つずつ購入して、食べ比べて、辛さの比較をしてみようと思います。

またまた、あの悪魔のソースで味変してみる

激辛MAXやきそばも半分くらい食べ終えたとき、もっと辛くしたいと思ったので、毎度お馴染みのメガデスソースを入れてみることに。

以前、記事に書いたペヤング カレーやきそばプラス納豆では、このソースを入れて、美味しさが吹き飛んでしまったが、果たして今回は・・・

f:id:Takazin:20171230215256j:plain

2滴くらい入れて、よくかき混ぜて食べてみると、想像以上のひでぶな辛さに!

しかし、前回のカレー+納豆とは違って、今回は、元々辛さありきのやきそばだったため、メガデスソースを入れても、この激辛MAXやきそばの旨みを壊すことはありませんでした。

今回は、味をそれほど変えずに、辛さだけが飛躍的にアップしたため、成功だったと言えるでしょう。

結びに

私にとっては、この激辛MAXやきそば、まだまだ余裕をもって食べることができましたが、辛さに強くない人だと、やはり、このレベルは十分に辛いと思います。

ぺヤング最強の辛さであることはもちろんですが、カップ麺全体の中でも最強の辛さだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です