キレッキレの切れ味爽快なビール「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」

少し前になりますが、会社帰りにいつものように、スーパーの酒の販売コーナーに立ち寄ってみたところ、新発売のビールが販売されていました。

その商品名は「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」というものでした。

f:id:Takazin:20180402231127j:plain

私は、缶ビールの中では、あの超有名な「アサヒスーパードライ」が一番好きです。

この「アサヒスーパードライ」の関連の新商品とあって、期待ができます。

いつもは安い新ジャンルのビールを飲んでいますが、たまにはいいかな?と思ったので購入しました。

どれだけおいしいのか、飲むのが待ち遠しかったです。

ビールのコクとキレとは?

販売コーナーでは、この「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」のキレ味を強調していました。

この時にふと思いました。

ビールの味を表現するのに用いられる、コクとキレとは一体どういう意味なんだろうと考えてしまいました。

私は、コクというのは、料理において旨味があることだと思って使っていましたが、ビールでもこのような意味があるのか?そもそも、コクという言葉を正しい意味で使っていたのか?と疑問に思いました。

その一方で、キレがあるとはどのような状態であるかわかりませんでした。

そこで、ビールにおけるコクとキレについて調べてみました。

まず「コクがある」とは、甘味、旨味、苦味、塩味、酸味がバランスよく感じられる状態であることを指すらしいです。

私の、考えていたことと少し異なっていたようです。

そして「キレがある」とは、後味がスッっと消える状態のことを表すようです。

これによって、後味が残らず、スッキリするというわけです。

普段何げに聞いたことがある、コクとキレとは、このような意味があって驚きました。

実際に飲んでみたら・・・

さっそく、グラスに注いで飲んでみます。

f:id:Takazin:20180403222822j:plain

「おおう!さっぱりしている!」

あの「アサヒスーパードライ」をイメージしながら飲んだため、あまりにスッキリしすぎてビックリしました。

確かにキレ味バツグンですが、私にとっては、もう少しコクのあるビールの方がいいかな?と感じました。

あの「アサヒスーパードライ」のようなガツンとくるような味わいがあった方が、私は好みだなと思いました。

ちなみに、「アサヒスーパードライ」もキレがかなりあるビールですが、苦味なども若干あってコクも感じられます。

ただ、この「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」は、非常に飲みやすい感じがして、スイスイと飲めてしまうビールだと思いました。

結びに

この「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」はスッキリ、サッパリしていて「ビールは苦味が強すぎて苦手だ」と考えている方でも、飲みやすく感じるのではと思いました。

喉ごしが良く、後味も残らないゆえに、脂っこい料理にも合いそうな気がします。

例えば、焼肉を食べながらこのビールを飲めば最高に美味しいのではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です