たこ焼きと焼きそばの融合? 「ペヤング たこやき風やきそば」

少し前になりますが、会社帰りにエスタの8階にあるヴィレッジヴァンガードという店で、ぺヤングの新商品を見つけました。

その新商品は「ペヤング たこやき風やきそば」という名前でした。

f:id:Takazin:20180405232621j:plain

ただ、この「ペヤング たこやき風やきそば」が発売されたのは、3月5日らしいので、1ヶ月経過しているので、大して新しくなく、今更感もあります。

いろいろあって、食べたのがつい先日だったため、やっとこの商品についての記事を書くことができます。

それにしても、ぺヤングってホント恐ろしい早さで新商品を次々と発売してきますよね?

現時点で、この他にもいくつか新商品が出てるみたいだし・・・

他の新商品についても、今後、食べたらレビューするつもりです。

今回の中身は?

包装を開けてみると、今回の「ぺヤング たこやき風やきそば」は、かやく、後入れかやく、ソースの3つの袋が入っていました。

f:id:Takazin:20180405233556j:plain

まずは、かやくのみを入れてお湯を注ぎます。

今回は、かやくはキャベツだけなのかな?

f:id:Takazin:20180405233837j:plain

3分後にお湯を切って、ソースと後入れかやくを入れます。

後入れかやくは、見ての通りのあげ玉でした。

f:id:Takazin:20180405234058j:plain

f:id:Takazin:20180405234141j:plain

よく混ぜれば完成です。

この時に、あげ玉がカラカラと鳴って、うるさかったです。

f:id:Takazin:20180405234348j:plain

出来上がりを食べてみる

出来上がりを、さっそくいただいてみます。

まず一口食べてみると、ソースが思いっきり、たこ焼きの味がします。

「なるほど~!そうきたか!」

こうして食べてみて思ったことは、焼きそば用のソースとたこ焼き用のソースって、かなり味が異なるのかな?と思いました。

ただ、このソースもう少し味が濃くてもいいような気がしました。

確かにたこ焼きの味がするのですが、すぐに消えてしまうというか、何というか、もっとベトーっと口の中に、このソースの味が残るくらい濃いほうがいいのではと思いました。

あげ玉食感もいいし、おそらく紅生姜の香りもついていると思われ、いいアクセントになっていました。

トータルで考えると、私にとっては、まずますの味といったところで、もう少しガツンとくるインパクトがほしいと思いました。

今回の味変はマヨネーズ

半分くらい食べたときに、いつものように味変をしようと思いました。

焼きそばと、たこ焼きを美味しくする味変アイテムと言えば、やっぱりマヨネーズしか思い浮かびません。

ということで、マヨネーズを加えました。

f:id:Takazin:20180406001047j:plain

f:id:Takazin:20180406001118j:plain

よく混ぜてみて食べてみると「ありゃ?なんだかパンチがない!」

元々、薄いと感じた味に、マヨネーズを入れたため、何だかぼやけたような味になってしまいました。

う~ん、これなら市販のソースを少し加えて、さらにデスソースを少し加えて味変すればよかったかなと思いました。

結びに

今回の「ペヤング たこやき風やきそば」は、決して不味くはないのですが、先にも述べた通り、私はもう少し濃い味付けの方がいいと思いました。

ただ本当に、たこ焼きソース味の焼きそばとなっていて、面白い味でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です