30年目となる季節限定の超人気ビール「サッポロ 冬物語」

1週間ほど前になりますが、会社帰りにいつも立ち寄るスーパーで、サッポロビール株式会社から新しいビールが発売されていました。

その新商品は「サッポロ 冬物語」という名前のビールで、毎年秋の終わりに数量限定で発売されているようでした。

f:id:Takazin:20181111234434j:plain

ちなみに、今年の「サッポロ 冬物語」の発売日は10月30日でした。

このビールは秋の終わりと冬の間にしか飲めず、数量も限定ということもあって、とても人気があるようです。

f:id:Takazin:20181111234826j:plain

つい先日、この「サッポロ 冬物語」を飲んだので、これを飲んだ感想などについて、レビューしていこうと思います。

「サッポロ 冬物語」について

まず、この「サッポロ 冬物語」のアルコール度数は6%となっています。

そして、各大手ビール会社から毎年発売される季節限定ビールの中でも、特にこの「サッポロ 冬物語」には、長い歴史があります。

このビールが、初めて発売されたのは1988年らしいです。

最初に発売された年から、今年の2018年の発売で30年目を迎えるようです。

f:id:Takazin:20181111235603j:plain

しかし、ここである疑問が浮かびました。

1988年から2018年までとなると、 2018 - 1988 + 1 = 31で、今年で31年目になるのでは?と思いました。

これについて調べてみたところ、2009年には、この「サッポロ 冬物語」が発売されていませんでした。

なぜ2009年に発売されなかったのか、理由はわからなかったのですが、ちょっと意外な事実でした。

さらに、この ビールの特徴として、原材料「ウイーンモルト」という麦芽が一部使われていて、香ばしい豊かな薫りを引き出しているようです。

また、製法にも特徴があります。

このビールは「冬のまろやか仕込」という、ホップを煮沸工程の中間で投入する製法によって、うまみを抽出し、まろやかな味わいを実現しているようです。

そして、今年の「サッポロ 冬物語」は、いつもの年よりも麦芽の量を増やしているようでした。

これによって、贅沢でまろやかなコクがより感じられるようになっているようでした。

f:id:Takazin:20181112002202j:plain

実際に飲んでみたら・・・

冷蔵庫でよく冷やしておいたものを、まずはグラスに注いでみます。

f:id:Takazin:20181112002423j:plain

さっそく一口飲んでみると・・・

「おおっ!これはウマイ!!」

この「サッポロ 冬物語」を飲むのは、おそらく数年ぶりで、味もどんなものか忘れていましたが、今回久しぶりに飲んでみて、改めてかなり美味しいビールだと思いました。

さすがは30年もの間、季節限定商品として発売され続けているのもうなずけます。

確かにまろやかなコクがあって、鍋料理など冬に食べる温かい料理と一緒に飲むビールとして最適な感じがしました。

しかも、しっかりした味があったので、飲みやすく、飲みごたえのあるビールとなっていました。

今回は、この「サッポロ 冬物語」だけを味わいましたが、次回は、鍋料理を食べながら、このビールを飲んでみたいと思いました。

結びに

この「サッポロ 冬物語」は、冬用のビールや新ジャンルビールの特徴である、まろやかなコクが感じられて、しかも美味しいビールとなっていました。

また、力強い味も感じられて、飲みごたえもありました。

さすがに、30年間発売され続けているビールだと、納得できました。

また、これからの寒い季節に鍋料理など冬に食べる温かい料理を食べながら、一緒に飲むビールとして最適だと思いました。

そして、この「サッポロ 冬物語」は、数量限定のビールなので、興味がある方は早目に購入することをオススメします。

また、少し早いのですが、ビールが好きな方へのお歳暮の贈り物として、この「サッポロ 冬物語」を贈れば、喜ばれること間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です