上川大雪酒造の銀色のヤツ!「純米吟醸 吟風」

このブログでも何度か上川大雪酒造という酒造会社の日本酒のことについて書いていますが、少し前にまた、こちらの酒造会社の日本酒を飲みました。

私は、こちらの酒造会社で造られている日本酒の大ファンで、今までも何度か購入して、この美味しい日本酒を味わってきました。

これまで、こちらの会社の日本酒は、造り方で分類したときの「特別純米酒」と「純米大吟醸酒」という種類の日本酒は購入して飲んだことがあったのですが、今回は残る一つの「純米吟醸酒」の「純米吟醸 吟風」という酒を購入しました。

ロゴが黒く見えますが、実は銀色です

 

この造り方の分類については、前回紹介した「純米大吟醸 吟風」の記事を参照していただければと思います。

リッチな香りと味わいの上川大雪酒造の日本酒「純米大吟醸 吟風」

 

ちなみに、今回の「純米吟醸 吟風」は、精米歩合が50%となっていました。

 

そして、前回の記事でも触れていますが、この上川大雪酒造の日本酒は、ロゴの色が「特別純米酒」では黒色、「純米大吟醸酒」では金色となっていて、今回購入した「純米吟醸酒」はロゴが銀色となっています。

この他にも、特殊なラベルのものもあるのですが、今回で一応、こちらの酒造会社の純米酒を3種類とも制覇したことになります。

ちなみに、この「純米吟醸 吟風」(720ml)は、上川大雪酒造の酒を扱っている酒屋で購入しましたが、その価格は、税別で1,800円でした。

こちらの酒屋では、この上川大雪酒造の「特別純米酒」720ml)が税別で1,600円で販売されていたので、価格では「特別純米酒」とはそれほど差がありません。

それを考えると、何だか今回の「純米吟醸 吟風」が、少し得な感じがしました。

ちなみに、前回紹介した「純米大吟醸 吟風」(720ml)は、税別で3,000円とかなり差があります。

 

また、今回の「純米吟醸 吟風」は、名前の通り原料米には「吟風」(ぎんぷう)という米が使用されています。

現在北海道には、酒造りに適している酒造好適米は3種類存在して、そのうちの1つが「吟風」となっています。

ちなみに「吟風」を用いた日本酒の特徴は、適度な香りと旨みとコクのある日本酒が出来ることが多いようです。

 

ちなみに、この3種類の酒造好適米についてのざっくりとした特徴は、この酒造会社の日本酒を初めて紹介した以下の記事に記載しています。

なまら美味しい上川大雪酒造の日本酒 オンラインショップ限定の「彗星 特別純米」は、本当に飲まさる酒だった

 

数日前に、この上川大雪酒造の「純米吟醸 吟風」を飲んだのですが、今回はこの日本酒の味はもちろん、「特別純米酒」や「純米大吟醸酒」と比べて、私なりに感じたことなどについて述べていきたいと思います。

 

純米吟醸 吟風」を飲んでみる

実際に飲んだ数日前から冷蔵庫に入れて、飲む日までよく冷やしておきました。

購入してから数日後に、この日本酒をじっくりと味わうことのできる休日がようやくやってきました。

さっそく栓を開けると、とてもいい香りが辺りに漂います。

「おお~!他の商品と同じでいい香りだ!」

香りを楽しんだ後、グラスに注いで一口飲んでみます。

 

「ゴクッ!」

「ほんっっっっっとうに、ウマイ!」

いつ飲んでも、どれを飲んでも、こちらの酒造会社の日本酒は本当に最高です。

この上川大雪酒造の日本酒は、口に含んだ瞬間にメロンのような力強い香りが口いっぱいに広がって、酸のピリッとした感じが感じられ、とても私好みのスバラシイ味がします。

今回飲んだ「純米吟醸 吟風」も、想像通りかなり美味しい日本酒でした。

 

また、「特別純米酒」や「純米大吟醸」と比べてみて、私が感じたことは「特別純米酒」よりも飲みやすい感じになっていました。

何というか「特別純米酒」は(イヤな感じではない)えぐみがあるのですが、今回飲んだ「純米吟醸酒」では、そのえぐみがそれほど感じませんでした。

さらに、前回飲んだ「純米大吟醸酒」は、えぐみがほとんど感じませんでした。

私の個人的な感想ですが、高価なものになればなるほど、えぐみが少なく飲みやすくなっているような感じがしました。

それゆえに、高価なものほどスイスイと飲みやすく感じました。

 

結びに

この「純米吟醸 吟風」は、他の種類の酒と同様に熟したメロンのような力強い味がして、しかもとても飲みやすくて、美味しいお酒でした。

本当に「飲まさる酒」で、ついつい飲みすぎてしました。

 

実は、今年2月の毎年恒例のさっぽろ雪まつりの会場で、北海道の日本酒をショットで販売してるコーナーがあり、そこでは、今回の上川大雪酒造の日本酒も飲むことができました。

当然、上川大雪酒造の酒を注文して飲みましたが、他にも以前から興味のあった他の酒造会社の日本酒もいくつか飲んでみましたが、上川大雪酒造と他社の同じような価格の日本酒を飲み比べてみると、私には、やはり上川大雪酒造の日本酒の方が格段に美味しく感じました。

その時に、改めて、やはり上川大雪酒造の日本酒は本当に美味しいと思いました。

 

上川大雪酒造の日本酒は、一升瓶(1800ml)のものはなく、全て四合瓶(720ml)なのですが、他の日本酒と比べると、そこそこいい値段がします。

ただ、どの種類も本当に美味しい酒なので、たまにはおいしい酒を購入して飲んでみたいという方にオススメしたい日本酒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です