ビヤホールの味わいを追求した缶ビール「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」

昨年末に、いつも立ち寄るスーパーとは別のスーパーに何気に入ったところ、酒の販売コーナーで、いかにも美味しそうな新発売のビールを発見しました。

いつも立ち寄るスーパーには売っていなかったので、危なく見逃して買い損ねるところでした。

 

そのビールはサッポロビール株式会社から発売された、「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」というものでした。

 

ちなみに、この「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」は数量限定のようで、発売日は12月18日となっていました。

 

このビールを購入して飲んだのは、実は昨年のクリスマスあたりで、かなり前のことになってしまうのですがが、今回はこれを飲んだ感想などについて、レビューしていこうと思います。

 

「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」について

この「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」は、日本最古のビヤホール「銀座ライオン」の創業110周年を記念して、2009年に限定醸造されたビールがモデルになっているようです。

ちなみに「銀座ライオン」は、1899年(明治32年)に創業したようです。

あの明治の時代に、ビヤホールがすでに存在していたのは正直驚きました。

 

さらにこの商品は、「銀座ライオン」を代表するビール注ぎの達人である井上 克己氏がプロジェクトに参加して、よりビヤホールの味わいと飲み飽きない旨さを追求して造られたビールとなっているようでした。

その結果、ほのかな香ばしさと、ほどよい苦味が特徴となっているようでした。

 

また、このビールは原料が麦芽とホップのみの麦芽100%の生ビールで、そのアルコール度数は5.5%となっています。

 

実際に飲んでみたら・・・

飲む直前まで、冷蔵庫でよく冷やしておいたものをグラスに注いでいきます。

 

見た目の色は、一般的なビールよりもやや濃く、若干赤みがかっているような感じでした。

そういえば以前このブログで、同じサッポロビール株式会社から発売されたヱビス 薫るルージュ」という数量限定のビールを紹介しましたが、そのビールの色に近い感じがしました。

 

色などをチェックした後に、一口飲んでみます。

「あっ、やっぱり予想通り美味しい!」

味のバランスがよくて、ほどよい苦味とコクが感じられて、非常に飲みやすい感じがしました。

よく味わって飲んでみると、確かにほのかに香ばしい味がしました。

この香ばしさは、これまた以前飲んだ「ヱビス 薫るルージュ」に似ていると思いましたが、香ばしさ自体はそこまで強いものではありませんでした。

 

決してインパクトのあるような味ではないのですが、飽きずに何杯も飲みたくなるような味のビールでした。

違和感なくスイスイと飲めるような感じで、本当にビヤホールやビアガーデンなどでビールを飲んでるかのような感覚になってしまいました。

 

結びに

この「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」は、苦味、コク、香ばしさのバランスがよくて、非常に飲みやすいビールでした。

あくまでも私の個人的な感想なのですが、シンプルで飲みやすくて、かつ、よく計算されて造られたビールだと感じました。

とにかく、飽きがこないでスイスイと何杯でも飲めそうな感じでした。

 

また、この「サッポロ 銀座ライオンビヤホールスペシャル」は、数量限定となっているので、興味がある方は早目に購入することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です