濃厚でクセになる味のちゃんこ鍋を堪能できる店「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」

少し前のことになりますが、学生時代の仲間3人と久々に飲みに行きました。

行ってきた店は「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」という店でした。

 

こちらの店に来たのは、実は今回でまだ2度目でした。

初めてこの店を利用したのは、昨年の忘年会で、友人に紹介されて来ました。

その時に食べたこの店のちゃんこ鍋の味があまりにも美味しくて、それ以来、もう一度来たいとずっと考えていました。

 

最初に友人にこの店を提案されたときに、相撲茶屋というくらいなので、ちゃんこ鍋がメインであることは予想できました。

私は鍋料理が大好きで、頻繁に自分でも作って食べているので、そこそこ美味しい鍋料理は知っているつもりでしたが、こちらの店のちゃんこ鍋は想像を遥かに超えるほど美味しくて、私自身非常に気に入ってしまいました。

 

そして、ようやく1ヶ月ほど前に、昨年末の忘年会以来となる「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」のちゃんこ鍋を味わうことができました。

今回はこの「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」について、ちゃんこ鍋の味などについてレビューしたいと思います。

「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」について

この「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」の所在地は、札幌市中央区北1条西4丁目2-2札幌ノースプラザB1となっています。

ちなみに、こちらの店は、地下歩行空間(地下鉄札幌駅と大通駅がつながっている地下通路)の10番出口隣りから直通となっています。

 

そして、この店の名前には北海道旭川市出身の第52代横綱北の富士の名前が入っています。

この横綱北の富士は、相撲協会を退職した現在は、「北の富士 勝昭」(きたのふじ かつあき)という名前で大相撲の解説者としてTVなどに出ていて、毒舌で切れ味鋭い解説が特徴です。

つい先日の大相撲の千秋楽でも、鋭い解説の他にズケズケと言いたいことを言っている姿が、いかにも北の富士らしく、解説を聞いていても心地よかったです。

その北の富士氏は、実は美食家としても有名なのですが、九重部屋の親方時代のちゃんこ鍋の味を伝承しているのが、こちらの店のちゃんこ鍋となっているようでした。

 

またこちらの店は、夜はちゃんこ鍋がメインとなっていますが、昼はラーメンやステーキなどのランチメニューも充実しているようでした。

私は、まだ昼にこちらの店で食べたことがないのですが、ランチメニューの中でも、ラーメンとステーキがセットになっているメニューが人気があるようで、近々、そのセットメニューを食べに行こうと考えています。

 

そして、この「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」は、いろんなコースが存在します。

ちゃんこ鍋のコースは、横綱コースや大関コースといった、メインの鍋の他に刺身や一品料理が付いたコースとなっています。

ただ、これらの相撲の番付の名前が付いたコース以外にも、他に食べ飲み放題メニューというものもあります。

 

今回は食べ飲み放題のコースにしましたが、この食べ飲み放題コースはちゃんこ鍋、すき焼、しゃぶしゃぶの中から選ぶことができて、いずれも120分で、税込2,800円と非常にお得なメニューとなっています。

 

食べ飲み放題のコースで思いっきり美味しいちゃんこ鍋を堪能

前回の忘年会、今回とも、ちゃんこ鍋での食べ飲み放題のコースに、プラス200円の生つくね食べ放題を追加しました。

ちなみに、ちゃんこ鍋の味は、醤油、塩、味噌の3つの味が存在します。

今回は、食べ飲み放題のコースの塩ちゃんこ鍋で申込みました。

 

店に到着して、座敷の席に案内されると、ガスコンロの上に鍋に入ったスープがセットされていました。

 

そして、テーブルの上には鍋の具材も用意されていました。

具材は、若鶏、生つくね、ラーメン、きしめん、白菜や豆腐などの野菜セットとなっています。

 

席についたらガスコンロを点火し、まずは野菜を煮込んでいきます。

その間に、取り皿に入っているゴマをよく擦っておいて、鍋が煮えるのを待ちます。

鍋が沸騰してきたら、若鶏と生つくねを加えていきます。

肉類に火が通ったら完成です。

 

出来上がった鍋を食べてみると、鶏の旨味が非常に濃厚で、しっかりした塩味の美味しいスープでした。

しかも、何か香味野菜のような味もして、何とも絶妙でメチャクチャ美味しいです。

しかも、スープ自体の味がなかなか濃いのにも関わらず、飽きずに何杯でも食べれてしまうような感覚でした。

とても美味しくて、大きめの若鶏の肉がいくらでも食べれてしまう感じでした。

 

美味しくて箸が止まらず、どんどん食べていけるので、若鶏も生つくねも野菜も3回ほどかおかわりをしました。

ちなみに、ラーメンやきしめんもおかわり可能となっています。

特にラーメンは、この鍋のスープによく合っていてこれまた美味しく絶品でした。

 

ただ、個人的にあえて欠点というか、要望を挙げるとすると、野菜のセットに入っている豆腐が少ないということです。

私は鍋で食べる豆腐が大好きなので、野菜セットの中の豆腐がもう少し多ければいいなと思いました。

 

美味しい鍋を十分堪能したら、最後はデザートのちょんまげアイスなるものが出てきます。

 

このちょんまげアイスを食べ終えて、この店を後にしました。

 

ちなみに、前回の昨年末の忘年会では、今回と同じちゃんこ鍋での食べ飲み放題のコースに、プラス200円の生つくね食べ放題を追加しましたが、味は味噌で予約しました。

今回の塩味もかなり美味しかったのですが、前回の味噌ちゃんこ鍋は、私の想像を遥かに上を行く美味しさでした。

 

この味噌ちゃんこ鍋も、鶏の旨みが濃厚で、何かの香味野菜のような味がしていて、今まで全く食べたことのないような味噌味の鍋でした。

このスープに、どんな材料が使われているのか、どうやったらこんなに美味しくできるのか、全く想像ができませんでした。

しかも、味噌の味がしっかりしているのですが、決してクドくなく、こちらも何杯でも食べれてしまう味でした。

はっきり言って、私が今まで食べたことのある味噌味の鍋の中で、ダントツに一番美味しいと思いました。

 

前回、今回とも箸が止まらなくなって、気づけばかなりの量の肉や野菜、麺類などを食べていました。

こちらの店の食べ飲み放題のメニューは、本当にお腹がいっぱいになるまでたくさん食べることができるため、たくさん食べることのできる人にとってはかなりお得なメニューとなっています。

 

結びに

この「相撲茶屋 北の富士 恵大苑」のちゃんこ鍋を昨年末に初めて食べたとき、とても美味しく、その味に感動したので、今ではすっかりこちらの店のちゃんこ鍋のファンになってしまいました。

ちゃんこ鍋はいくつかのコースがあるのですが、リーズナブルな値段で、お腹いっぱいちゃんこ鍋を食べたいという人は、やはり食べ飲み放題のコースをオススメします。

 

私は、前回は味噌ちゃんこ鍋、今回は塩ちゃんこ鍋を食べたので、次回は食べ飲み放題のコースで(醤油味の)ちゃんこ鍋を食べてみたいと考えています。

また、ちゃんこ鍋だけでなく、食べ飲み放題のコースのしゃぶしゃぶやすき焼も食べてみたいと思います。

そして、近々昼にこちらの店に行って、ランチメニューのラーメンとステーキがセットになったメニューを食べに行こうとも考えています。

相撲茶屋 恵大苑

すき焼き食べ飲み放2800円 +握りずし食放は3300円~
[住所]北海道札幌市中央区北1条西4丁目2-2 札幌ノースプラザB1F
posted with タベレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です